2020年01月11日

神田 まつや @ 淡路町

★★★★★

2020年の蕎麦初めは、神田まつやにて

コクのあるタレを纏ったやきとり

お隣さんにいただいたうにでお屠蘇

〆のもりも最高でいい年になりそうかな

店構えや接客も素晴らしい江戸そばの名店

BEDE4550-DC20-40D9-89EA-127047FD4859.png


淡路町でお屠蘇

同僚とふたり、神田明神に初詣に出向いたら

なんと今年は2時間半かかるとのことで

また別日に出直して来ることにして

蕎麦屋でお屠蘇でもとこちらへ

E935D5A3-7E02-4949-81EF-E3BC2AD7929D.jpg


タイミングよく待ち客は1組だけで

相席ながらすぐに案内されてラッキー

08104829-0180-4E7E-A363-005999199417.jpg


<お酒・700円>を燗でもらって新年に乾杯

既に5時間呑んでるという相席の方々とも乾杯

B1F0D066-A213-4045-809F-D8054BAF70BD.jpg


年末年始 御品書からそば前のアテには、

<わさびかまぼこ・700円>と

<焼鳥・850円>を花番さんに通す

75C3C6B8-78E4-44F0-BFD8-A494111C99BD.jpg


自分的に焼鳥は、この店でいただく

そば前には外せない一品

04CE15B3-01BE-4429-AE6D-B05870F2E5DD.jpg

タレで焼かれたプリっとした鳥とネギを

一緒に口で併せて味わうのが好き


相席の方々との会話も楽しんでいたら

<うに・700円>をいただいてしまった

ゆず味噌とうにを和えた感じの一品は

濃厚な珍味で日本酒にピッタリ

8F0F8CBF-5B3E-46D7-AB99-3B89A35B267E.jpg

またひとつ外せないそば前のアテが増えた


もらいっぱなしでは申し訳ないからと

お酒1本お返しして同席を愉しんだが、

そろそろ〆の蕎麦にする

C18C0282-E605-4E9B-9138-242A6A55E253.jpg


<もり・700円>を一枚ずつもらう

打ち立ての蕎麦は、また出来がよく

コシの強い蕎麦は、風味豊かで喉越しも極上

8301D498-8743-4289-9977-F048E755A4D1.jpg50B190AF-9347-44D0-A13E-6D80B8829C55.jpg

鰹出汁が効いた辛汁も蕎麦によく合っている


おいしいお茶を最後にいただいて

〆てひとり当たり3,000円強

今年最初の蕎麦を満足度高く愉しめた

B3B42DD6-F722-417F-A0EF-E8F690FD4CF8.png

190BE5D9-5D7F-4FE4-843B-654E9EEDB843.png

E15FF13F-69EC-4D3A-9405-8BED2FE56DD3.jpg

68D4B1FB-7732-41DF-ACB0-1D3256A90C83.jpg

#2020年の蕎麦初め

posted by のむさん at 06:14| Comment(0) | 神田・秋葉原・御茶ノ水 | 更新情報をチェックする

2020年01月04日

かんだ 冨そば @ 御成門

★★★☆☆

ポコポコとエイリアンの卵みたいに

かき揚げにくっ付いた海素材がおもしろい

一つひとつ食べてみてあっ〇〇かっ!

ひとり素材あてクイズも楽しめる

太めに切られたそばは十割だという立食い処

FB39964A-DE4E-4851-A3C4-E8BD31875B21.jpg


御成門ランチ

訪問先を出た14時半過ぎ、チェックしていた

立食いそばが近くにあったなとこちらを訪問

7F002F9E-99A2-4990-9EAE-B3541FC4FC97.jpg


券売機で選んだのは名物と書かれた

<海盛りかき揚げ天そば・750円>

F3732808-1E2B-4F28-A6A4-6679C31343F0.jpg

6634DE48-6CB8-40DA-8212-F164F68A3368.jpg


ざるそばにしたかったが、昼分は残りあと1食で

それは同僚に譲って泣く泣くかけそばにした

B361226F-8B14-4B22-9FFC-D80C18657AF9.jpg

6F62A52B-E133-45EB-9FB6-A275D0C0496F.jpg


ネギだけが具のかけそばとは別皿で

海鮮盛りかき揚げが供される

D4F153D0-41EB-4725-8AAA-809835DC218B.jpg


玉ねぎ主体のかき揚げにポコポコと別素材の

天ぷらがくっ付いたビジュアルは、

ボリュームと共にインパクトある

3117B54E-1D00-4ABF-92A8-9EEA371AA169.jpg


かき揚げにくっ付いた天ぷらを一つひとつ

引き剥がしてそばのアクセントに食す

えび、タコ、魚肉ソーセージ、カニカマ、

等々、いくつかの素材が食べてみて判る

0DE1A9ED-52CC-4D75-9763-AE9F415C508E.jpg


十割で打つというそばは、切りは太め

香りはかけそばだとわかりにくいが

しなやかめで出汁の効いた甘汁がよく馴染む

80DA073F-0392-4437-96AA-5100BF809DB6.jpg

5A38FE96-AECD-460B-AB43-1B5AF2C641A9.jpg


腰くだけな感じが個人的には好みでないが

麺量も180gとボリュームあって腹が膨れた

2640F38E-CB25-40A9-8E69-F0438C4C8F4D.jpg


店内にはハワイアンが流れ、モニターでは

フラダンスがオンエアされてるこちらのお店

立食いそばとしてはちょっと高めだが

店主のこだわりは感じるそば処だった

7EF57527-4FD5-422B-BDFC-EF6AD6E5FB3C.jpg

7996AAF8-D129-4232-8DE2-E51D58E557D3.jpg

#いろいろくっ付いてる海鮮盛りかき揚げ

posted by のむさん at 05:19| Comment(0) | 新橋・浜松町 | 更新情報をチェックする

2020年01月02日

石挽 手打ち いわもと @ 東陽町

★★★★☆

噛むと実がプチッと爆ぜるそばみそは、

そのコクのある和な風味が辛口の燗酒に合う

サクサクと揚がった天ぷらを先出しでもらい

そば前から心地いいひと時を過ごせた

素朴なおいしさに癒される手打ちそば店

3FF3FB21-093C-4F0C-87AD-01ED6669923D.jpg


東陽町ランチ

近くのそば屋を検索して訪問してみた

12席ほどのこじんまりとした店内は

満席だったが、丁度出る客と入れ替われた

D2C77856-90E0-469B-B074-566AACE9DCC7.jpg


休日なので昼だけれどそば前から始めよう

4種類の銘柄の日本酒から

<大七・1 650円>を上燗でお願い

9B621EF7-4D41-463B-AA2A-1E974FA15ABF.jpg


突き出しには塩豆が添えられた

93606933-2B26-4761-BFE5-9A72D24155ED.jpg


そば前の肴には<そばみそ・300円>

そして、<天せいろ・1,200円>を通して

天ぷらを先出ししてもらうことにする

B66F62B0-3181-4AE6-9755-BE1C21DFEAA2.jpg

2EEF253C-0C4C-44A0-8938-6D698F853EA1.jpg


そばみそのコクのある和な風味は、

当然ながらこの燗酒に合うこと間違いなし

78A9A013-1D32-4BFC-815C-A00403FF3CDE.jpg


先出ししてもらった天ぷらの構成は、春菊、

さつまいも、エビ2本、里芋、トマト

5101B460-4529-4A5A-A66D-BE62C0B0C470.jpg

EC29D425-B1F5-4231-BF25-F0D9FCD4D4AE.jpg

サクサクと軽く揚がった天ぷらは、

それぞれの素材の味が活きていて楽しい


徳利一本を天ぷらとねぎみそで味わった

ところで蕎麦を出してもらうことにする

1FD38193-EDE4-42C8-A19E-A0FC44634B79.jpg

B940DC41-A4CE-43BB-A84E-E3A81F450DEB.jpg

5D251321-03AA-448E-BCAA-89AF6BEF4E52.jpg


中庸な細さの蕎麦はツルっと喉越しがいい

甘めのつけ汁を軽く絡ませていただいた

0AA2166F-C662-4B6D-8F90-6A7A702C16C1.jpg


そば湯はとろみのあるタイプで

このつけ汁とよく合ってホッと落ち着けた

64FE1396-D019-4557-9868-DAF807C6EB51.jpg


そうこうしていたら店の外には

待ち客ができている模様

2,150円のお勘定を済ませて店を出た

6788FB07-F9D1-46C0-816E-60B25A11BE34.jpg

6263E49E-57BF-44D5-BE7C-E651BF99CED5.jpg

#天ぷらを先出ししてもらってそば前から

posted by のむさん at 07:40| Comment(0) | 人形町・門前仲町・葛西 | 更新情報をチェックする