2019年06月02日

あめこや(AMECOYA) @ 豪徳寺

★★★★☆

そば前にはキリッとした辛口の酒に

“牡蠣の塩辛とマスカルポーネ”をもらえば

ふたつの素材の融合は絶妙な酒のアテになる

富山産を打った外一蕎麦も風味豊かでみごと

センス溢れる酒と酒肴から楽しめる蕎麦処

38B02F1B-6261-4A8C-BF46-2AB06D2D016D.jpg


豪徳寺ランチ

所用で目的地へ向かう途中、ランチに

蕎麦でも食べようと行ってみたかった店を

目指して途中下車した

858116AB-52B8-4F8F-9E6D-BD18AC0E1A58.jpg

アンティークなカフェの様な外観だ


カウンター席の奥へひとり腰をおろし

メニューを眺め、とりあえずそば前からと

“燗あがりする酒”とメニューに書かれた

<月山 純米・700円>をぬる燗でもらう

42CD6932-C141-4729-A5BF-39245BC95661.jpg

22563884-79B9-4C73-A5A3-D344F045CD80.jpg

4104A3D4-7645-4AB9-8E65-F16BF5337C58.jpg


サッパリと涼やかな“加賀太きゅうり”に

やさしい甘みの“塩トウモロコシ”、

魚介の風味も含んだ“南瓜のゼリー寄せ”と

スッキリとした飲み口の辛口の酒と共に

突やさしい食味の野菜の突き出しが供された

134E8846-D3EF-4C36-AA6E-16370C4E57EE.jpg


そば前の酒のアテにともう1品お願いしたのが

<牡蠣の塩辛とマスカルポーネ・580円>

C94D5068-4E94-4F74-8770-BE7FDA7DC765.jpg


酒好きが好む塩っぱさがあり、濃厚な牡蠣と

マスカルポーネの風味が喧嘩せずに融合する

D057ED29-CCDD-45EB-9A93-318DBC1EBEAD.jpg


<もりそば・840円>を〆にもらう

ABD5B72C-B330-4CB5-9B68-9AD436D65AE6.jpg


コシのあるみごとな細打ちの蕎麦は、

富山十割に外一割とのことで風味豊かで

甘みがあり、喉ごしも申し分ない

411641CE-8C9E-49A2-A078-BA6EBF8E095D.jpg

BF19D7BA-36EE-4170-AF24-CFED596D12FC.jpg


トロッとした辛汁に合わせたタイプの

そば湯をホッコリいただきごちそうさま

34A95F01-613E-4D4D-9858-45F203452871.jpg

48E2CD79-DC0D-43C1-ABB8-97D69571CF46.jpg


揃えのいい酒やセンスフルな酒肴から

またゆっくり味わいに来たくなるいい店だった

012AC364-3206-4565-8714-263235BB2267.jpg

#そば #そば前 #日本酒 #ランチ

posted by のむさん at 09:56| Comment(0) | 成城学園前 ・ 経堂 | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

しらかめ @ 経堂

★★★★★

湯煎器でぬる燗に温めた“喜久酔”はまろやか

鯛わた塩辛と豆富の味噌漬けとの相性も◎

最後に“もり”をもらえば、長さも担保された

みごとな細打ちの十割で食味もバランスいい

アットホームな空気も居心地いい蕎麦処

1DC050D3-2806-44F2-9397-41D59E2063CD.jpg


経堂で昼蕎麦

土曜の14時前、そば前から楽しみたいと

通し営業のそば店を求めてこちらを訪問

中休みありの店が多い中、そば前を

昼から楽しめるこんなお店は貴重だ

F2EA8C3D-6912-4113-99A3-C8E9C079F1EB.jpg

カウンター席に腰をおろして

<乾坤一 特別純米辛口・450円>を所望

ふんわり心地よく香る辛口の酒


メニューは、半合の値段

2FE6F6ED-C89E-4A8F-920B-9EEAC792A9E1.jpg


良心的な値段設定のメニューから

そば前の肴に選んだのは、

<豆富の味噌漬け・530円>と

<鯛わた塩辛・330円>

魚の風味を帯びた塩辛は、日本酒に合うな

67CBEEE4-5AFB-4925-A641-BD974898F592.jpg

205BC0FB-69D6-4039-9EA8-08D6B4E40EEA.jpg


“豆富の味噌漬け”もまた日本酒に合う合う

濃密でいてやさしい風味の逸品だ

A5330F0E-8FD3-4916-838E-E77FC6EFFC1C.jpg


“乾坤一”はスルスルと空けてしまい、次は

<喜久酔 特別本醸造 山田錦・350円>を

1合(700円)、ぬる燗でお願いすれば

箱型の湯煎器と砂時計が運ばれてきた

8DFDAD27-169F-43E0-9EBE-3ED11B5CE1F7.jpg


ぐい呑には“人生是七転八起”の文字

5BC95A2B-8513-486D-A04B-A844EE09F9BE.jpg



“砂時計半分くらいでぬる燗”との説明を受け

酒が温まるのを待ち、チロリを引き上げる

471D9A1E-B88F-44A3-AF5A-8332B1B6EEA2.jpg

ぬる燗の“喜久酔”のぐい呑みに唇を寄せれば

ぷわっと旨みがふくらみ、後味もスッキリ

この本醸造はそば前にぴったりだな


〆に通したのは、<もり・770円>

この十割の蕎麦もまた打ち手のレベル高し

蕎麦は北海道のキタワセとのことで

やわらかな香りと甘みのバランスがいい

A5B4C39F-E4ED-4927-B0EC-34CB97E1DC68.jpg

F9F47109-B6F4-4F91-B8D2-2E14CD466143.jpg


若そうだけど腕のいい蕎麦職人の店主と

やさしい空気を纏ったかわいい奥様、

そして、親しみあふれるおかあさん

アットホームな雰囲気でとても居心地もいい

B4C0181F-7802-4B34-A84F-9BEA306251E3.jpg


品のいい音楽が流れるこちらのお店、

酒、肴、蕎麦、人と四拍子揃い、そば前から

昼そばを楽しむのに素晴らしい蕎麦処だった

04CB5C59-B78F-4446-B22A-9A9378D2F851.jpg

9E3B32B1-91A3-4CE7-93B3-C2D6600DA5FF.jpg

#そば #そば前

posted by のむさん at 11:40| Comment(0) | 成城学園前 ・ 経堂 | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

丸屋 @ 喜多見

★★★★、

休日のランチを楽しむ家族やカップルの中、

ひとり菊正宗の燗を啜って蕎麦前を楽しむ

“みそ田楽”に“鴨ロースたたき”と蕎麦屋らしい

アテの後にもらった〆の蕎麦も風味豊か

蕎麦前から味わい深く愉しめる町の老舗蕎麦屋

EDEF6987-5E25-4551-B10D-4B715288820D.jpg


喜多見でランチ

所用で初めて降りたこちらの駅

商店街にクリスマスリースの付いた

蕎麦屋が目に入りランチに訪問

1C5F12E9-8E3F-490E-A272-B939BFBD80C5.png

満席で少し待ったが程なくして店内へ

2人掛けのテーブルに案内された


蕎麦前からもらおう

<菊正宗 上撰・500円>を燗してもらった

E209A503-87C1-4FAE-A358-36AF41246D6F.jpg


<突き出し・無料>は“白菜のたまり漬け”

55A6D077-6666-455C-877D-BDF1A0278B19.jpg


蕎麦前のアテに一品料理のメニューから

<鴨ロースたたき・650円>と

<みそ田楽(3本)・300円>を通す

3EB113DF-7781-487D-848D-26FAC11AAE5C.jpg

D6969FF6-52B6-4D51-8E5B-12A3A3D2E646.jpg


7切ほど供される“鴨ロースたたき”は、

脂身の甘みと鴨肉の旨みがたっぷり味わえ、

懐かしい“みそ田楽”もみそのコクのある

風味が効いてどちらもいい蕎麦前のアテだ

9977A0BA-3597-4993-99E4-C99DADB529A5.jpg


頃合いを見計らって<もり・650円>を

注文しておき、いいタイミングで〆となる

1042F18B-D19C-44F8-A97C-28F7C269EEBA.jpg

D8AFF8E7-FDA9-49C9-83F3-FCCFF6447A19.jpg


“ホシ”のある手打ち蕎麦に鼻を近づけると

気化する蕎麦の香りがやさしく心地よい

口に含んでさらにその香りとなめらかな

舌ざわり、穀物らしい甘みを愉しんだ

20959827-3F81-492F-9035-32026272BB38.jpg

4AAC59F4-F37C-4BC6-B1FB-2DFB615AF5E0.jpg


花番さんの接客はぶっきら棒なところがあり

ちょっと残念でもあったが、一品料理や

蕎麦のクオリティは満足度が高かった

次の機会あればもう一合ほど酒をもらって

他のアテもいただいてみたい

E0846719-DCF3-436F-9648-B8B913A6B5E6.jpg

EC7B03D2-AD98-4005-8260-9D1AD2FA6FDB.jpg

5385D89F-1CB1-4850-9775-782DB08B22F1.jpg

#そば #そば前 

posted by のむさん at 05:49| Comment(0) | 成城学園前 ・ 経堂 | 更新情報をチェックする