2019年08月08日

萬寿庵 @ 門前仲町

★★★☆☆

練り込まれた唐辛子のかるい辛味を含んだ

“赤天焼き”あたりを肴に仲間とそば前から

〆には新そばの“せいろ”をもらえば、

爽やかな香りと軽快な喉ごしが心地いい

季節の酒肴から楽しめる手打ち蕎麦処

7E38D361-B2DD-4477-9C35-CCFBA775CB41.jpg


門前仲町ランチ

日本酒の試飲会に行こうと集まった仲間と

その前に腹ごしらえと蕎麦でも手繰ることに

日曜に営ってる店からこちらをチョイスした

5B49244A-4890-4550-84EB-5532D5003C21.jpg


6人席を作ってもらって席に着いたら

<サッポロラガー(中瓶)・600円>で乾杯

F06C8526-98B7-48BF-B5F9-01E73660FFB6.jpg

FD8144BC-B6A0-4EB3-B797-A789B0E51BFC.jpg

突き出しには、定番の“揚げそば”が供された

さらに“萬寿庵のおすすめ料理メニュー”から

いくつかそば前の酒肴をみんなで選ぶ


旨塩をチョコンとつけていただく<鶏天>に

島根の名産だという<赤天焼き>

FDECDF0F-4FBF-48CF-AF01-D8228E6B3CBF.jpg

268A55D1-584D-4901-A630-616998849C55.jpg

“赤天”は、魚肉のすり身に唐辛子を練りこみ

パン粉で揚げた一品。初めて食べたが

程よい辛味が味を〆ていていい酒のアテだ


そして、<黒ししゃもの燻製焼き・780円>

A97F5B10-D0FE-4C8B-B4CC-EB729D01620E.jpg

小ぶりなししゃもは勲じられた香りは軽いが

食感は硬く素材から滲む魚の風味が濃い

これは日本酒が欲しくなるな


というわけでビールの後には、

<日本酒 菊正宗 本醸造・650円>をもらう

B2DA357B-8FC9-42C5-823C-77EE6ACFA60C.jpg

言わずと知れた大衆酒銘柄のひとつだが

江戸そばのそば前の伝統的で代表的な銘柄だ

キリッとした辛口が蕎麦の邪魔をしない


この後、日本酒を呑みに行くからとそろそろ

<せいろ・850円>を花番さんに通す

もう“秋新”の季節か“新そば”のポスターが

店先には貼り出されていたな

B8924588-CF5F-4373-9A45-444A90CC3870.jpg


二八で打った蕎麦だけを手繰って啜ると

フレッシュな風味と爽やかな喉ごしがいい

辛汁も出汁が効いていてバランスのある

蕎麦のひと時を楽しめた

181572D3-A6F5-46B1-8A7C-84D7B486E0F0.jpg

A36BDFB5-D612-4C1D-8413-2A739D559C94.jpg

この店特製の“生唐辛子”がまた深みがあって

これについては温蕎麦でまた楽しみたくなる


なんとなく選んだ門前仲町の手打ちそば店

席数もそこそこあって仲間たちとそば前から

始めてランチするのに絶妙な蕎麦処だった

42BC6B52-A55B-448E-A52A-DAD2B6969927.jpg

#そば #そば前 #ランチ

2019年05月01日

花村 @ 木場

★★★★☆

つけ汁に入った天かす、油揚げ、刻みネギを

蕎麦に絡めてその食味を楽しむ“志のだそば”

“半かつ丼”セットでお願いしてみれば

かつ丼も丁寧に作られて上々な風味が嬉しい

創業明治25年、“志のだそば”が名物の老舗店

C9D9B608-E9A6-44EE-BA38-ED668758C098.jpg


木場ランチ

ランチと言うにはかなり遅くなってしまい

もう夕方からの営業時間帯の訪問

296F147D-F296-4FBC-9654-0793845C59BE.jpg


<ビール(中)・520円>をとりあえず

木場と東陽町の駅の真ん中くらいにある

こちらまでテクテク歩いてきたら喉が渇いた

07CFE966-C087-4690-ACFF-8FA081EF1F01.jpg


ビールで喉を潤しながらメニューを見ると

丼モノと蕎麦のセットメニューがお得感ある

蕎麦は“もり”、“志のだ”の2種類から選ぶ形で

<半かつ丼 志のだセット・880円>に決めた

DED8C098-54C8-4B0F-85B1-5570D394FAEB.jpg


“しのだそば”は、いくつか漢字で書き方が

あり、関東的に“きつねそば”のことを言うが

ここの“志のだそば”は、もりそばのつけ汁に

油揚げ、天かす、刻みネギが入っていて

具を蕎麦に絡めながらいただくもの

40598235-4C80-4F16-A01B-419984046864.jpg


かつ丼と蕎麦が同じトレーで運ばれたが、

蕎麦が乾く前に“志のだそば”からとりかかる

85EDAB8F-B47E-41F4-907B-26FC3C04C4E1.jpg

蕎麦自体は、おそらくつけ汁に合うように

とのことかと思うが、プレーンな風味


普段のように蕎麦の端を浸けるにとどまらず

比較的甘めのつけ汁に浮いた具を

ガッチリ絡めて食せば、油揚げ、天かす、

刻みネギが織りなす風味が蕎麦と融合してる

8BD83033-B622-42EB-A8CC-CAF553447B1F.jpg

739E9D52-6961-489D-9EBE-7180CC8D8C44.jpg


そして、“半かつ丼”もかなりいい

498390A3-F4EE-4C24-9142-4E2BB7097497.jpg


玉ねぎと共に玉子で丁寧にとじられたカツは

歯ごたえやわらかく、出汁の風味よし

15CCECBC-A2D9-4D26-A219-9F4AA958EF7D.jpg

理想的な“町のそば屋のかつ丼”という感じか


このセットで880円はコスパ抜群

明治から大衆に愛され続けてきたであろう

こちらのお店、暮らしの近くにあったら

いろんな丼とのセットで定期的に通いそう

BEF2A41C-7A13-4712-95E7-F6A6EB74962B.jpg

FDE7271F-8D13-41C3-98C1-88A721845FC9.jpg

#そば #かつ丼 #ランチ

2019年04月08日

福そば @ 人形町

★★★★☆

サクッと揚がった天ぷらの小山から

“かき揚げ”をもらって“天玉そば”でいただく

汁を啜ればかつおだしの風味まろやか

その汁を上手に纏った麺も喉越しよし

汁、麺、天ぷら全てに拘る評判の立食いそば

768EFB4D-CF27-4769-BAF5-F534C0A10126.jpg


人形町ランチ

お昼の玉ひでの大行列を横目に向かったのは

チェックしてから行けてなかった立食い

こちらも昼時で盛況な客の入りだ

9E8999D3-9624-4914-BE28-6C4D6AE630FE.jpg


暑くなって来たこの時期、いただいたのは、

<冷し天玉そば・500円>

D4D7CAF4-84DD-4841-80A5-0701EC0AB623.jpg


カウンターの揚げおきの天ぷらからは、

定番の“かき揚げ”を添えることにした

F93F0162-4A3C-40BC-A873-960701E8C203.jpg


温玉が添えられて注文品が差し出される

B59C5C23-2B43-493D-8445-6FD44049FAA8.jpg


麺はコシがあって喉越し良く

立食いそばのそれとしてはレベル高いと思う

汁とのマッチングも絶妙だ

C82FF390-722B-4094-B362-67E172125A7A.jpg

64E550B0-013F-4496-84BA-53B07EAE6166.jpg


昼時で次から次とリーマン達が押し寄せる

サクッと味わって後客にスペースを譲った

EBC44EF5-BD57-4768-AD2B-17DA5770B13F.jpg

#近くにあったら日々通いそう