2019年04月17日

蕎香 @ 上板橋

★★★★★

最後にいただいた蕎麦は、“甘夏みかん切り”

夏にピッタリの爽やかな風味と喉越しが極上

蕎麦前の酒肴も気の利いた逸品が用意され

コスパ激高な蕎麦前のひと時も愉しめる

御三家更科暖簾分け店ゆかりの隠れた名店

C7884E2B-55BD-47E4-9EC7-2A1E52A70ED2.jpg


上板橋ランチ

東武東上線沿線の目的地への移動途中、

行ってみたかった蕎麦屋を思い出して

気がついたら途中下車テクテク10分ほど

歩いて住宅街の中にあるこちらのお店へ

17B5DB9A-9F3D-4CBF-BC45-42AE6D6914C0.jpg


黄色い暖簾が爽やかな外観から中に入ると

店内は、小上がり8席とテーブル席14

6人掛×14人掛×2)の構成

日曜の正午過ぎの入店時は先客はなかったが

後から次々と地元客がすべての席を埋めた

C1AA9500-1EC3-413F-B4EE-5F009304EE0C.jpg


歩いてきたら喉が渇いたのでとりあえず

<エビス 小瓶・400円>でいきかえる

42EFACBD-833B-48E8-AE5F-956CAADBF4D7.jpg

流れるBGMJAZZサックスも心地いい


一緒に添えられたのは、“そばチップス”

0146E5DF-8468-4D73-9F37-67996A2B4E0F.jpg

7E730792-FAD1-4D08-923E-658EBBA684BF.jpg

蕎麦屋で酒を飲むとよく出会う一品だが、

カリッと揚がって塩加減も風味も良かった


さて汗も引いたところで日本酒にしようと

<菊正宗 辛口樽本醸・400円>を燗で通す

木の香りがフワッと立つ辛口の酒

6CCC53C7-0736-4638-A9EA-4CEA14B1C563.jpg

蕎麦屋は酒も肴も値が張る傾向があるが

ここはどちらも総体的にリーズナブルだ


定番メニューと壁に貼られた酒肴から

蕎麦前らしく<板わさ・450円>と

<ほたるいか煮干し・300円>をお願い

3AA34763-88A8-4F23-9D63-86C8B0F528CC.jpg

8D1CF94C-A5FA-4BB1-A780-CC7C8589DD58.jpg

ほたるいかを歯で噛むとジワっと口の中に

滲み出てくる珍味なワタが辛口の酒に馴染む


同じ酒のぬる燗をおかわりしながら

<精進天もり・1,100円>を

天ぷら先出しで快く受けていただき

さらに200円足して“もり”は、

“本日の変わりそば”にしてもらった

DD6F4EC1-CF22-482E-BC55-45DC3C41A3A8.jpg


先出ししてもらった精進天ぷら

ホクホクのサツマイモ、大葉、エリンギ、

アッツアツの丸茄子にはジューシーさもある

天ぷらを先出ししてもらうとお得感もある

AB2E0B12-F517-4586-80BF-B9F0D2EE44DF.jpg


そして、〆の“本日の変わりそば”は、

<甘夏みかん切りそば・(単品は)850円>

柑橘系のやさしい香りが爽やかで

更科ベースに練り込まれた喉越しの良さも◎

FA3AC948-EDFE-49BF-B822-10F6D23BE556.jpg

B9A4FEEB-5410-47D6-B9CE-F705F3C8BB88.jpg

68004A61-3E32-4C13-AB11-36C0F2B847DA.jpg


因みに素材は、山形長井市産“でわかおり”

964B4F8F-D6AC-40BF-A144-C8166702BD92.jpg


花番を担当する奥さまに話を訊けば

店主は、老舗の名店“さらしなの里”を始め

いくつかの蕎麦店で修行されたそうで

蕎麦のクオリティの高さにも納得できる

8B88BC01-1299-4537-9F9E-178F5DD6EC06.jpg

またその奥様の癒される笑顔の接客も素敵だ


住宅街の中、家族、単身のおっちゃん

客層を見ても地元に愛されてるこちらのお店

町の蕎麦店というには、クオリティ高く、

さらに酒も肴もコストパフォーマンス激高

3F8F3855-449C-4240-BC3F-781B430BE17F.jpg

74B7784C-0953-4BA6-AB41-6BEE0FFABE50.jpg

コストパフォーマンスが光る隠れた名店

駅から遠いけれどまた足を運びたくなった


#そば #そば前 #ランチ

posted by のむさん at 06:45| Comment(0) | 板橋 ・ 成増 ・ 赤羽 | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

一東菴 @ 東十条

★★★★☆

そばが供されるのを昼ビールをもらって待つ

キタワセ、常陸秋蕎麦、希少な水府在来と

3つの品種のそばがタイミングよく供された

そばの個性の違いを感じる食べ比べは楽し

鼻舌喉を研ぎ澄ませて向き合いたい評判店

C93200E9-38E2-45CE-AF29-1AFAB9A81746.jpg


東十条で休日ランチ

蕎麦好きの息子とおいしい蕎麦食べたいなと

一念発起、電車を乗り継いで評判の高い

こちらのお店へやって来た

開店直後の到着でなんとか一巡目に入れた

B56B3BFD-4342-40AD-838D-CA82B3FF2840.jpg

F1772661-4515-44E2-85C0-781F41C21A28.jpg


息子も自分も蕎麦の食べ比べが目的で

<三種せいろ・1,728円>、

あと自分は蕎麦前をちょっとだけと

<エビス生小・464円>も花番さんに伝える

57FC7273-2EA3-4E19-BB1C-C6D9486B883F.jpg


グラスビールと共に供された無料サービスの

突き出しは、“厚揚げ”。これ、大豆の風味が

濃くて丁度いいビールのアテになった

A8F6B932-E862-4ED3-A78D-9D8DA6303EFD.jpg


ビールの後にやわらかな口あたりのそば茶、

辛汁と薬味が運ばれてきて

蕎麦の食べ比べが始まる

F4DCA09F-B80C-43AF-BFC0-FBDC08DEBCEC.jpg

0DDA2DAE-51A4-4B41-9B14-23CF93B8AA3A.jpg

4524876F-CD05-45A2-99DC-52C181616B3A.jpg


1枚目は、“北海道蘭越産 キタワセ”

緑がかった挽きぐるみの蕎麦は、香りは

薄めだが、キタワセらしいさわやかな味わい

357421AC-AA78-47FF-A215-8B4FD6F42221.jpg

1B53FEEC-7F4A-4D75-8A17-FC5D69446110.jpg


2枚目は、“栃木県益子産 常陸秋蕎麦”

蕎麦を手繰って口へ運ぶと豊かな香り

コシの強い細打ちで穀物らしい甘みが滲む

塩をもらって食せば一層甘みが引き立つ

0764CBCD-39B2-4463-9D9A-4644A699B17E.jpg

BA61E80E-5816-4C2D-AB74-292588817123.jpg


3枚目は、“茨城県笠間産 水府在来”

これも2枚目ほどではないが、風味豊か

品のいい香り、甘み、舌ざわり、喉越しと

バランスがいい

9FFA5260-49A3-4626-AAF1-4E200D451643.jpg

954A4995-E9A9-4679-A581-141DD13EC7CC.jpg


BGMもない静寂の中、

タイミングよく供された3枚のせいろ

それぞれの産地、品種の個性がしっかりと

引き出されて価値ある食べ比べができた

A363FA19-B3BB-4D48-88DC-72DDB0E086C6.jpg


トロトロのそば湯は辛汁との相性バッチリの

設計。甘みがあってホッとするおいしさ

9D25A02C-E77D-483C-9549-F9B600180227.jpg

A2098A06-8B28-4E25-8A5A-1DF350481636.jpg


こちらの蕎麦処の評判の高さを実感できる

息子との蕎麦ランチだった

C4E9FAC9-5F56-4254-B7A5-1BBDAD9D3BC7.jpg

posted by のむさん at 01:09| Comment(0) | 板橋 ・ 成増 ・ 赤羽 | 更新情報をチェックする