2020年07月12日

更科 丸屋 @ 九段下

★★★☆☆

うどんはもちろん、カレーや丼ものに定食、

ラーメンも当然の様にあるメニューから

ざるそばとミニかつ丼のセットをもらえば、

手抜きのないかつ丼にちょっと嬉しくなる

どこかしら下町な雰囲気が残る昭和な町そば

97B4F978-09F1-476E-9EB2-9A8B1C7D00E4.jpg


九段下ランチ

いつも営業していない時も多かったこちら

たまたま前を通ったら暖簾が出ていたので

ここぞとばかりに立ち寄ることにした

FE5876A4-4FC0-43FA-AE15-3DF06FE5605E.jpg


冒頭に書いた通り、昭和の町そばらしい

雑多なメニュー構成のセット部門から

<ざるそば ミニかつ丼・1,100円>を注文

2F3E5B0E-B5B2-4AEE-905A-6086051BCAB2.jpg

ランチのセットメニューとしてはややお高めかな


トレーにざるそばミニかつ丼

セットされて5分ほどで運ばれてきた

DEBEB904-58BB-4446-B275-4FB9CE5A1A07.jpg


いつもの如く乾かぬうちにそばからいただく

86A5AA8C-2BA3-494E-A78B-0AAFA93E48A5.jpg


更科粉を打ったそばは、風味は強くないが

ツルツルとして喉越しいい

7CC086EE-AF65-49BD-9B7E-91D5060BCB93.jpg

A4A5A936-7584-45FE-B59A-148262375E38.jpg

薬味と辛汁を組み合わせながら食べ進めた


そばを食べ終わってミニかつ丼

8A9A83D6-AB58-4477-8B04-7246FBB2EBD9.jpg

セットの丼ものというと適当に作ってる

感じの店も多く見受けられるが、

ここのミニかつ丼はちゃんと魂が入ってる


ジューシーで肉は甘みがあり、

出汁の風味が卵とじに効いている

4EC4720E-647D-4AE0-95CE-175A28D2E983.jpg


それを家業とする町のそば屋に

じわじわとした減少傾向を感じているが、

こういうお店には長く続いて欲しいな

A39223B9-DC9F-4BFB-9F11-EB454D030EDD.jpg


常連っぽい客がメニューも見ずに注文した

<ラーメン・750円>が気になりながら店を出た

12DD9B91-FC27-4D6F-8F10-0197D5E47FD6.jpg

#セットの丼ものもちゃんとしてる

posted by のむさん at 10:16| Comment(0) | 神田・秋葉原・御茶ノ水 | 更新情報をチェックする

2020年06月13日

大宣 @ 神保町

★★★☆☆

【むじなそば】…”たぬきの揚げ玉

きつねの油揚げが一緒に入っているそば

あっさりとした甘汁の温そばに揚げ玉と

油揚げの甘みを添えて同じ穴のムジナを食す

打ちたて、茹でたての二八を啜るそば処

F3F20E09-5B5A-44AE-990F-81095BB35F99.jpg


神保町ランチ

気になってたこちらの店を初訪問

実はこちら、豊田園というお茶屋でもあり

蕎麦屋の大宣Wネームをもつお店だ

0B003F9B-E68D-4D6D-84A3-15717717D873.jpg


カウンター席でメニューを眺める

うどんが稲庭というのにも気を惹かれたが、

初訪の今回は、やっぱりそばだろうと

<むじなそば・680円>を注文した

85EEA50D-F042-4728-979A-6182DE0DC5BF.jpg


立食いそばと本格そばの中庸な価格帯で

店員に訊くと二八で打っているのだそう

手頃な値段で本格そばを食せるのはいいね

C8D83E96-A125-4A53-B981-82273F705EF5.jpg


生めん茹でたてでむじなそばが供された

具は、油揚げと天かす以外にワカメと蒲鉾

9FD2C39F-253F-40FC-BD2A-6FF86E4E229A.jpg


甘汁をレンゲで口へはこぶと

あっさりとしていてカエシ薄め

27CC0591-1D0E-47B8-9E1D-1ED7867C266D.jpg


細めの麺は、ちょっと弱腰

箸で引き上げるもホロホロと切れる

D5C9B054-B84E-47E0-B2B2-FDFF195570FD.jpg

油揚げと天かすの甘みを絡めたり、

ワカメの風味を添えながら食べ進めた


今度来たら稲庭うどんいただいてみよう

せっかくお茶屋さんでもあるから

オススメのお茶あたりも試飲できたらいいな

4EDAEBB9-C4BF-4D28-9B94-31CAA04A303D.jpg

#同じ穴のむじなそば

posted by のむさん at 05:38| Comment(0) | 神田・秋葉原・御茶ノ水 | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

松竹庵 ます川 @ 小川町

★★★★☆

梅雨明け前の真夏日のそば前は、生ビール

揚げたて上質な野菜天を先出ししてもらい

そばがきも塩で酒肴にしながら喉を潤す

爽やかな風味の夏新のせいろもまた極上

天ぷらも併せて愉しみたい老舗手打ちそば処

D4EFD1D7-27D3-4147-AB64-E670506D490A.jpg


小川町ランチ

平日休みのこの日、土日休みのこちらを

狙いすませての訪問

神田藪そば、まつやと同エリアにあって

なかなか足を運んでいなかった店だ

D510FF57-9226-41A7-AF8F-3C6C228F31B9.jpg


なんとか昼営業の時間帯に間に合った

白木のカウンター席だけの店内

一番奥の席に通されて品書きを眺めながら

<生ビール・600円>をとりあえずもらう

2804326B-C46C-483B-A115-60D265FDBE4F.jpg

DE83920B-A655-44CB-A3F3-5FE4113977A1.jpg

銘柄は、サントリープレミアムモルツ


<旬の野菜天せいろ・1,500円>に決めて

天ぷらを先出ししてもらうことにした

<粗挽き蕎麦がき・700円>もアテにもらう

0E89CDED-3C34-4D49-95DE-B4F4FC5BA190.jpg


天ぷらは、一つひとつ丁寧に揚げられて

おススメの食べ方の言葉が添えられる

一品目の京都産の加茂ナスは、塩で

鰹節がかかった信州のホワイト玉ねぎ

そのまま食すことを勧められた

98E8B584-F5D5-4725-811E-E3220E833940.jpg


天ぷら用の塩は、自家製のそば茶塩

サクッと軽やかに揚げられた加茂ナスは、

中はシットリとして素材の旨みがにじみ出る

一方、玉ねぎはシャキシャキと瑞々しく、

やさしい玉ねぎの甘みが心地いい

9DFB1498-1A70-4573-9551-13CCB38205ED.jpg

C04EA91D-C863-4D3E-9EFA-1775766E87E2.jpg


厚く輪切りにされた信州のズッキーニにも

最後に供された青唐辛子にも

上品でホッとする味わいがある

3B6F6073-901F-47A8-9616-B71A4AC536A3.jpg

BAB51249-A27B-430B-AD33-0731EC250B84.jpg

全体的にこだわり素材を活かした天ぷらだ


塩が添えられ、お椀で供された蕎麦がき

北海道は、キタワセの夏新を使用とのこと

F31B4B4B-A277-4404-A5A2-522628979D53.jpg


82E324A7-8AA1-4642-ACFB-BF4822997254.jpg

温かで蕎麦の風味がよく感じられ、

塩がまたその甘みを引き立てる


梅雨明け前にもかか割らず真夏日のこの日、

昼からとても贅沢なそば前のひと時だな

0DB4E2E6-A171-414A-8E27-47226A159365.png


最後にお蕎麦をお願いして〆へ

これも蕎麦がき同様、キタワセの夏新使用

93B6F5D6-057D-48BD-A858-A6369ABEBD71.jpg


コシが強く、爽やかな風味で喉越しもいい

濃口でいてまろやかな舌あたりの辛汁で

いただくのもいいし、塩で食べてみてもいい

71E20967-0776-49EB-96F1-B09CADA4880E.jpg

FF2CDC93-4C91-49CE-B4DD-AEB59752765F.jpg


タイミングよく出されたそば湯は、

辛汁に合わせたとろみのあるタイプで

残った薬味のネギを添えたりして愉しんだ

6FFD5DA0-5E56-48B2-A463-7516FB358A34.jpg

B8F9697A-3337-4EBC-A1CB-27E3958FACBB.jpg

63B68DF0-37DE-43E5-9319-5FE66AB7439F.jpg


上村愛子とW受賞の写真が飾ってあるが、

8代目店主は、元日本代表のモーグル選手

ストックを麺棒やさいばしに持ち替えても

一流のアジを魅せてくれる

D239F116-203F-4705-8A1E-CD662DCB1406.jpg

#天ぷらも愉しみたい老舗手打ちそば処

posted by のむさん at 07:28| Comment(0) | 神田・秋葉原・御茶ノ水 | 更新情報をチェックする