2020年12月28日

手打ち 達吉 @ 阿佐ヶ谷

★★★★☆

天ざるを天ぷら先出ししてもらって

ぬる燗をもらえばふっくら旨みがふくらむ

そばに鼻を寄せればフワッと癒される香り

コシが強くて風味と喉越しのバランス良し

レベルの高いそばを手繰れる手打ちそば処

3645F87D-1082-4AF0-B73A-2CF7A1889B6A.jpg


阿佐ヶ谷ランチ

蕎麦でも食べたいと思い、呑み仲間から

評判の高い店があると教えてもらった

こちらのお店を訪問してみた

0446689A-DB7F-47CE-86C4-03E9BBCF0FEF.jpg


テーブル席だけの店内はコロナ対策も万全

0B9B7426-D702-4951-8454-B7FAC4E1C68B.jpg


まずは、<燗酒・750円>をぬる燗で通す

燗用の銘柄は、くろさわ 純米とある

D9086882-1C59-4C3E-B299-F542A9B589E0.jpg


赤茶の酒器で供された酒をいただくと

ふっくら旨みがふくらんだ

73D367FB-D25B-4D9A-AD80-3819FEE1B8BA.jpg

9F99C15E-FE34-4F4F-8F2F-785B8C9E0662.jpg


酒に添えられたのは、ハツモトの温め

柚子胡椒の香りが軽くあって酒に合う

570813BF-4B21-4C64-A0A1-72C5B3C1E896.jpg


磯ゆき(泡立て卵和え・きざみのり)

も気になったが、酒のアテにもしようと

<天ざる・1,600円>を花番さんに伝えて

天ぷらを先出ししてもらうことにした

B704DA63-D030-4D03-981E-DF868A645E5A.jpg


海老、鱚、茸、茄子、南瓜、オクラが

品よく盛られた天ぷらは、衣のキメが細かく

サクサクとした歯ざわりが心地いい

912B3157-1065-4F90-BD40-3AD750AD62C8.jpg

添えられたピンクソルトと天つゆで愉しむ


そば前を軽く愉しんだところでそばをもらう

この日の素材は、茨城産の常陸秋そば

3B88D295-95C0-4A23-AFDF-D582415ABFB7.jpg


ザルにこんもり盛られたそぱに鼻を寄せると

そばの香りを豊かに立たせていた

FC495207-D1ED-4D43-AFCA-DF46E3178D04.jpg


二八で打ったそばを口にふくむと

風味と喉越しのバランスが良いタイプ

自然な甘みがあり、コシが強くて

ツルツルとした喉越しも味わえる

96A02A5A-CB00-404B-AAC9-4F3508407B8F.jpg

01CAC252-CEDC-498F-9B31-C80DFFBDE1FF.jpg

01D01754-1943-41C1-961E-53FBE5A35259.jpg


入店した時、先客は1人だったが

いつの間にかテーブルが埋まって

店の外に待ち客が出始めた

089A4791-5F37-4194-8B74-01A1366D73F6.png

〆て2,350円をお支払いして退店


夜の部の酒肴も比較的リーズナブルで

またそば好きな仲間と訪れたくなった

2CE3FA78-5E42-4ED2-AB44-FC57D261B1F4.jpg

977A6B2C-DC07-4974-BC5B-1889F8CEFA3C.jpg

AC57735B-61E2-453D-85B9-1AFE34DC92C4.jpg

#天ぷらを先出ししてもらってそば前から

#天ざる #達吉 #阿佐ヶ谷

posted by のむさん at 07:03| Comment(0) | 中野・吉祥寺・三鷹 | 更新情報をチェックする

2020年12月18日

田舎そば 須坂 @ 中井

★★★☆☆

2度目の訪問でいただいたのは、鴨そば

細麺を選べば口あたりまろやかな汁と相性

夜にも初めて訪問して板わさで軽く一杯

わさび漬けの風味が良くて立呑み遣いも

朝から晩まで使い方広がる立食い処

590689CD-D1A6-41DB-8EE0-A4E8ECE43977.jpg


中井でランチ&ひとりゼロ

あまり間を置かずに昼と夜に伺ったので

まとめて記録しておこう

11654A74-BCBC-4B84-9E3F-D8CF924D3837.jpg


新規オープンしてすぐに伺った時に

次に食べたいと決めていたのが

<鴨そば・480円>

5F43DE03-EE68-4AE0-88BC-BA80743FAE36.jpg

E18DBA1E-6723-4A88-9A17-D008605DA349.jpg

なんだか操作が難しそうなタッチパネルの

券売機は店員さんがサポートしてくれた


太麺と細麺が選べる麺は、細麺を選択

鴨の出汁は効いていないが、甘みを感じる

口あたりのいい汁と細麺の相性は良好

ECDC6CE1-5A4E-4C38-995B-7719758AF940.jpg

鴨ハムは3枚、コスパはそこそこ高いと思う


仲間との飲み会の前のひとりゼロでも訪問

ドリンク、ツマミ、そばがセットでお得な

<おつかれさまセット・980円>も魅力だが

これから食べに行くので単品注文にした

6B8DB6B4-08CD-4EBC-998F-3AFF3C02AC45.jpg


<中瓶ビール・600円>の銘柄は、

アサヒスーパードライ

F5A3A1BA-2B56-48DA-ACB3-3E76F18191F7.jpg

A37613A6-6C3F-4963-A470-7F75C42C477E.jpg

ツマミには、そば屋らしい一品の

<板わさ・250円>をお願いした


板わさに添えられるのは、

ワサビではなくて、ワサビ漬け

ワサビ漬けの大人な風味をのせて味わう

DB32FAD6-026A-4785-B515-809673B62B23.jpg

かまぼこは5切れではあるが、250円はお手頃


ちょい呑みでも訪問してみたい立食いそば

次回は酒ではじめてそばで〆られる

おつかれさまセットでいってみようか

176BB6AE-FEE2-4FD2-AE3D-8F64C067983A.jpg

756168E0-87AB-4E12-90BB-13513789C474.jpg

068D9C60-DEEA-48AF-ACB1-D57612FECD83.jpg

#ちょい呑みでも訪問してみたい立食いそば

#朝から晩まで使い方広がる立食い処

#そば #田舎そば須坂 #中井

posted by のむさん at 16:06| Comment(0) | 中野・吉祥寺・三鷹 | 更新情報をチェックする

2020年09月26日

ら・すとらあだ @ 中野坂上

★★★★★

お出汁と蕎麦が奏でる風味の旋律に癒された

やさしくキレイな舌あたりの出汁から始まる

おまかせの料理たちは、自然と身体に馴染み、

蕎麦は豊かに香って、咀嚼すれば旨みが滲む

酒と共に味わう蕎麦好きのための隠れ家

B5554774-3BA5-4468-BB26-A04A8BBF59A8.jpg


中野坂上で蕎麦

予約した上で蕎麦好きの友人と久々に訪問

5年前にランチで訪問したが、夜は初めて

行った人と来ないとこの店はわからないな

8D0087A2-E86B-4BE4-94FD-1292A8A12DFA.jpg


以前訪問したランチでは3種のもりそばを

いただいたが、今は、昼も夜もコースのみ

既に軽く飲んでることもあり、ドリンクは

早速、日本酒からいただくことにする

D88C1495-8318-47C8-9614-6EA75F316801.jpg

純米の辛口の酒を所望して供されたのは、

料理酒にも使うという島根の酒、

<天隠 特別純米 馨>

やわらかな香りと繊細な旨みが印象的


<おまかせコース・8,800円>は、

出汁から始まる

2D6ECF95-25C3-41D8-973A-2C5863B7B89D.jpg

三年枯節の薄削の出汁は、まろやかでいて

上品でスッキリとしたキレイな口あたり

これからの料理に期待が膨らむスタートだ


枝豆の煮浸し蔓紫と紅芯大根

オクラとトマト等のお出汁のジュレ和え

豚肉の団子の自家製豆腐あんかけ”……

B0C77473-0B32-4553-8514-66AB94787F31.jpg

82629524-E3C1-40CB-99E8-59EB6299D6C6.jpg

F1C03018-968A-4900-A24B-5049AE32DE3A.jpg

素材の活きた料理達は、出汁のやさしさで

スッと自然にカラダに馴染んでいく


アオサの茶碗蒸しがまた秀逸

29B638C1-4E29-4054-A7E6-7FA7D7E4483C.jpg

これも出汁とアオサの風味が上手に活きて

大茶碗で欲しいくらいの逸品だった


ここで供されたのは、最初に飲んだ日本酒、

天隠を使って浸けたカラスミ

25B87ED7-0590-45A7-9BC5-C0BAB538310F.jpg

もちろんそのままでもいい酒の肴になるが

後に供されたそばがきに添えてまた面白い


この日のそばがきは、群馬県赤城産の

新蕎麦を使っているとのこと

7B20893D-B4C9-476E-A60C-E727AFB8D4D0.jpg

カラスミと一緒に口に含めば、

穀物の旨みとカラスミ固有の風味がよく合う


宮崎県産のトマトの力強い風味が

なめらかに滑り込む、トマトの煮凝り風

473C7936-CA91-448B-A1A7-6709C75B0CCD.jpg


1週間寝かしたという放牧豚の旨みが

豊かにふくらむ豚肉とズッキーニ等の

とうもろこしペースト和え

4BBEA732-B494-4AE4-AE84-3BA07B1215F4.jpg


養殖だからこそ泥臭さがまったくない

蕎麦の衣で揚げられた大分産養殖ドジョウ

1A590F8E-D67B-4A8C-B5E0-D9AD68D7D1D2.jpg


店主日比谷さんのセンスを感じる

料理達をおいしく軽快に平らげたら

お好みの蕎麦猪口を選んでメインの蕎麦へ

3C3BDC26-E5B3-4F68-8DA7-83FCA3BC2F7A.jpg


「蕎麦は5種、すべて手挽きで喉越しより

風味を愉しむタイプ」との案内があって

極細打ちの富山市産のもりが最初に供される

D48FD186-9E5B-4467-9993-95FC7203013C.jpg


鼻を寄せれば豊かにナッツの様な香りが立ち

軽く咀嚼すれば、甘み旨みがやさしく滲む

E174C1D9-6A7D-4BB5-AF93-BD6F0F7627C0.jpg

00FCB927-0DF8-46A2-92A6-628A4D7113E5.jpg

最初の一品からこんなに風味豊かで

後は大丈夫かと一瞬思うが、無問題


次の埼玉県三芳町産の新蕎麦の太打ち、

宮崎県産高千穂町産の玄挽き蕎麦と

香りや歯応え、舌触りなどは違えど、

それぞれ噛むほどに旨みが滲む楽しさがある

6DFF58D4-90ED-4759-9045-BFCD04F7688A.jpg

58C9434B-EA78-4681-A3D9-CB483546537A.jpg

B83A2D36-7DC2-4E5B-8321-185D05664E5C.jpg

E819C169-369C-4EA9-8FA2-E0BACB19184E.jpg


4つ目と最後はどちらも群馬県赤城産

まず、細打ちのもりで豊かで爽やかな

風味を感じた後、切り幅を変えたものが

出汁の冷かけで供された

35D388F5-9B89-47AA-A4E8-A66E71DFBCD6.jpg

EA427DC9-6869-4DE3-B02B-1055E53567DE.jpg

0756B418-2054-430C-A0DA-5EC0062CAA15.jpg

FDA44D95-327D-4BD8-880D-393A4972B821.jpg

089FC36D-703F-4679-9B5D-58848D8DE345.jpg

8FB69F79-0FF3-4300-BE4A-B367C438C1A8.jpg


キレイな出汁と豊かな風味の蕎麦の共演が

正にこの出汁の冷かけに結実

蕎麦好きにはホント満足度の高い内容だった

B894D6D9-4E89-48DD-92F3-3480D5D1654D.jpg


自分は蕎麦を食べながらは酒は飲まないが

天隠の後、蕎麦までにいただいた銘柄は、

岐阜の<竹雀 純米酒>

佐賀の<鍋島 純米大吟醸 山田穂>

福島の<奈良萬 純米生酒 中垂れ>

CEFAA460-3057-4CA9-85BB-12515438695F.jpg

893A6CF3-1A1D-4FB4-8CED-ECAFE13FF529.jpg

348B1A29-EAD6-4B16-914B-2992A0ADED80.jpg


好みのものを選ぶぐい呑みは、

独特なデザインに惹かれて

河端健太郎さんという作家のもので愉しんだ

F552F967-1E0A-402E-8C3B-0D04EF509A7C.jpg


〆のスイーツは、コーヒーのブラマンジェ

これは以前ランチに伺った時にも食べた一品

なめらかな食感にやさしいコーヒーの風味が

心地よく、最後まで癒された

022A0DFF-2D6A-44B4-A381-35D3B487566D.jpg


〆て2人で21,200円也

高めの酒もいただいてこの値段はコスパ◎

カラダに自然と沁みる様な出汁と蕎麦の

ひと時を堪能できた

AA158C28-A0DA-4989-BFAA-D1139FBE88C4.jpg

#カラダに自然と沁みる様な出汁と蕎麦のひと時

posted by のむさん at 13:42| Comment(0) | 中野・吉祥寺・三鷹 | 更新情報をチェックする