2019年10月11日

上杉 @ 吉祥寺

★★★★☆

こんな肌寒い日には飾り気のない蕎麦屋で

焼みそあたりをツマミに燗酒がいい

おなかから温めたら注文するのはせいろ

年季の入った手打ちを手繰って風味を堪能

住みたい街で長く営まれている老舗蕎麦店

40EEF079-6AA0-4E37-9318-BAE4FB9F0E21.jpg


吉祥寺ランチ

日によって温度差の大きい昨今、この日は

快晴なのに肌寒く、蕎麦前から燗酒で

温まることにして井之頭公園近くの蕎麦屋へ

5E3088BB-0B71-48C8-AF92-AED52B1B7C51.jpg


土曜の昼時、先客は年輩の常連さんが多い

差し出されたメニューは、定規で線を引いた

ところに書き込まれた手作り感が素朴で素敵

BE5C5D35-906B-4361-AB87-5D68A9D745AB.jpg

09B5D11E-62A7-47C1-938A-7138D14A1EC2.jpg

8E4FE839-EB92-4B6E-A02C-D4A550A4E461.jpg


空いているテーブル席に腰かけて注文は

<日本酒・570円>を熱燗でお願いし、

肴に<焼みそ・380円>をつけた

日本酒の銘柄は江戸そばらしく菊正宗

C7FB49DB-9E35-4368-BA25-C99D568098E0.jpg

1008700F-7487-48D9-899F-5CEE7A429780.jpg

フロアを担当するおかあさんに

「蕎麦の注文もいっしょに」と促されて

慌てて<せいろ・570円>もお願いした

全体的にお値段は手頃なのはいいな


雰囲気のある徳利とぐい呑で酒が運ばれる

しゃもじに塗られた刻みネギ入りの焼みそを

ツマんで口に含み、そこに辛口の酒を足す

FBCC1A33-1D5F-497C-A3E0-ABDC6B92BE4D.jpg

1A7CA7D1-F4CD-4ED4-A594-F48ADA199301.jpg

蕎麦の前にいただく燗酒は至福の一杯だ

肌寒い新そばの季節にそれは一層のこと


もう1本浸けてもらおうかなと考えていたら

注文していたせいろが供され酒はここまで

6DCD4F23-E4B5-47F6-A679-6CE98CAB98B5.jpg


せいろの蕎麦を手繰ってそのまま啜る

65839EC8-F665-42E5-8C9A-16C5FA0434C7.jpg

コシのある細打ちの蕎麦にはコシがあり、

旬の新そばの爽やかな風味と喉越しがいい


竹の器で添えられる薬味は辛味大根とネギ

メニューに本ワサビは別料金とあるが

個人的にはこの蕎麦の風味にワサビは不要

バランスのいい辛汁に蕎麦の端を浸けながら

サッパリと蕎麦ランチを楽しめた

ABE289B0-4BBE-40C7-B518-17A3B8035FE5.jpg


住みたい街ランキング1位の吉祥寺に

長く息づく素朴な老舗蕎麦店

入店して来る客はお店と顔馴染みな方が多く

地元に愛されている感じもまた良かった

208F1E65-0E1A-494F-8FDB-D4AF6E18D0E5.jpg

704D6688-2C81-4D0D-A536-2A3EB2ECA039.jpg

C9ADE312-0721-483C-A82A-C18B72BB19BF.png

1F63A416-FD43-411B-AD13-F8A8F921F4BF.jpg

#そば #新そば #そば前 #ランチ

posted by のむさん at 05:18| Comment(0) | 中野・吉祥寺・三鷹 | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

デイリーチコ @ 中野

★★★★☆

インスタ映えするソフトクリームで女性に

人気の店だが、おじさんはそばを立ち食う

お気に入りの具は“カレーとり天”

食欲をそそるスパイシーな香りの一杯だ

中野ブロードウェイの地下に潜む名店

DC97099F-24DA-4D4A-9BF3-12A4694175E0.png


中野ランチ

女房とショッピングで歩き回ったら

小腹がへったというわけで

中野ブロードウェイの地下にあるこちらへ

F8ABCA43-FC49-4A5A-A0C8-644AA670677C.jpg


“ソフトクリーム”以外には“うどん”も定評が

あるが、自分はやっぱり“そば”をいただく

注文したのは、前回も食べておいしかった

<カレーとり天そば・400円>

F77B0037-9C74-4BE2-9934-BEF4F086ED29.jpg

0AB386E1-F98C-460C-B9AD-E2E79ADC819D.jpg


注文の品を差し出されてまず思ったのは

“カレーとり天がでっかくなった!”

A64F3BBD-63ED-4C12-BC5B-189C1F051746.jpg


一晩スパイスに浸けた鶏肉を揚げたという

天ぷらは、円盤状で丼に落し蓋ができる大きさ

そこに刻みネギがのせられる

78451F9C-671A-4DA5-AA9E-E8FC62928473.jpg


甘汁を飲もうと丼を顔に近づけると

スパイシーなカレーの香りが食をそそる


こちらの甘汁は旨みのあるまろやかな

舌あたりで立食い系では自分好み

茶色がかったそばにもよく馴染む

0A2885F0-80CE-476F-A299-8AF934B0CD56.jpg

48FD83F0-6816-4741-BF66-32EBBD802342.jpg

カレーの風味が沁みたとり天を合間に

かじりながらそばを完食、汁も完汁


ソフトクリームで人気のこちらだが

やっぱり自分にとっては立食いそば屋だな

3E0FE243-273D-483B-8048-FB16CA06929E.jpg

#そば #うどん #ランチ

posted by のむさん at 06:31| Comment(0) | 中野・吉祥寺・三鷹 | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

高はし @ 荻窪

★★★★★

みごとな極細打ちでやさしい風味の蕎麦を

辛味大根とネギを薬味にしてゆっくり味わう

ひとり客限定でハーフで対応してくれる

酒肴を楽しみながらそば前からいただいた

ゆったりとした時間の流れの蕎麦の名店

F1934BDD-1569-4DA8-828C-2BBDB4FD2238.jpg


荻窪ランチ

休日はひとり蕎麦前から楽しみたいなと

目指したのは、駅から10分ほど歩くこちら

アンダー目の灯りの店内はほぼ満席だったが

ひとりの自分はなんとかすぐに案内された

58D5367F-9B5A-4BBE-85CA-BA2CFE38512F.jpg


暑かったこの日、ここまで歩いて欲したのは

<ビール(一番搾り)・600円>

67356921-DEAB-4CE2-BCA6-3D0A19B0E686.jpg

中瓶からグラスに注いでジュワッと喉を潤す

お通しの“蕎麦チップス”がまたいいツマミだ


軽快に瓶ビールを飲み進め、蕎麦前にと

<燗酒 酔蕎 本醸造・700円>に切り替える

1BDE01B7-77F9-4A68-A0E5-8E19AABDF6EC.jpg

ぬる燗でもらった新潟の酒は、

旨みふくらむ辛口で蕎麦前にぴったり


酒肴のメニューに書かれた

“お一人様でご来店のお客様に限り

ハーフサイズで承ります”の文字に気づき

<いくら味噌風味・800円>と

<山うど味噌・500円>をハーフで所望

E26B8085-EA57-4E98-94F7-16ACC204FB79.jpg

因みにすべての酒肴がハーフサイズに

できるわけではないのでそこは確認が必要


口内でプチプチと爆ぜる“いくら味噌風味”は

より濃密な味わいが舌に広がり、

酒を後から追わせれば、

珍味的なおいしさが口に充満する

68542865-2808-4D96-978B-C35A8E1F2D4D.jpg


一方“山うど味噌”は酒と別に味わうのが好み

シャッと歯で刻むと素朴で自然な風味が

じっくりと口に馴染んでいく

A067E949-6105-4755-9823-B498A028C05F.jpg


そして<せいろ・900円>で〆る

薬味は辛味大根とネギで山葵はない

53BCF421-DA95-4C9B-B357-1465A23C92F3.jpg


この日の素材は常陸秋そばだそうで

蕎麦打ちの腕の良さを確信できる極細打ちの

やさしい風味を喉越しよく夢中になって食す

717088A3-A4FF-4117-9C23-17D5D8178005.jpg


深みのある出汁の風味が魅力的な辛汁が

またとても好み

その辛汁とのマッチング絶妙な蕎麦湯に

癒されてごちそうさま

1DF8195A-03B0-4C38-9F22-A6202B8E3A19.jpg

9D20A551-906A-4A0B-B3F7-86AC7AA2611D.jpg


〆て3,100円くらいだったか

さすが名店の呼び声高い蕎麦処

土曜の昼時、13時前には予約のない客は

お断りされていたのが印象的だった

B2BE7637-E474-416A-AB27-561E13661A7B.jpg

機会があったら次は蕎麦好きの仲間と

訪問したい蕎麦好きが唸るお店だった


#そば #そば前

posted by のむさん at 07:29| Comment(0) | 中野・吉祥寺・三鷹 | 更新情報をチェックする