2018年12月20日

赤坂見附 長寿庵 @ 赤坂見附

★★★★☆

サクッと心地いい歯ざわりの天ぷらは、

特に2本入った海老が抜群の甘み旨みが凄い

もりでたのんだ蕎麦も細打ちで喉越しよし

これで1,400円ならコスパいいと思う

みすじ通りの小径の奥に佇む暖簾分け店

CC80068E-6270-4FF2-B114-5ADB052A6C73.jpg


赤坂見附で〆のお蕎麦

立飲みでサクッと呑んで同僚と別れ、

家路に着く前に蕎麦でも手繰っていこうかと

駅にほど近い小径を入ったこちらを初訪問

C0566C1E-96E5-48DB-9CF1-EB13BA71039D.jpg


中央の大きなテーブル席に相席で案内され

同席の客の天ぷらがおいしそうで

<天もり・1,400円>を通す

CAB15DEB-C7A0-421D-BDFB-3FE75BAF83AE.jpg

D995B431-9481-45D9-A9F9-898D00AA9F4B.jpg


細打ち目の蕎麦は、長さもちょうどよく

風味の立ち具合は控えめながら喉越しがいい

天つゆを兼ねたつけ汁は、コクと奥行きが

あり、バランスがいい感じ

96D7DBD9-5CB6-4325-BD87-CAEAC58163BA.jpg

E452F0F1-382A-4162-96E7-52A1A48DE74F.jpg


蕎麦の合間に箸を伸ばす天ぷらが食味◎

カボチャやナスといった野菜天もいいがら

何と言ってもサクッと軽快に揚がった

2本の海老の甘み旨みが凄い

B7F1F9DA-974F-4518-985E-772EC27EA2B8.jpg


つけ汁と相性のいい蕎麦湯でほっこり

6459A396-BDBA-4F77-8E46-2192345D5C96.jpg


テーブルに置かれた“小梅”でお口サッパリ

気が利いてるね

20205FBF-941D-45C5-B310-1A5DE9037FB4.jpg


小径の奥の暖簾分けのお店

海老が2本入った“天もり”が1,400円、

もり単品が650円でクオリティも十分高くて

コスパよし。蕎麦前から呑るのもいいね

AA5ADCC6-84B4-4D18-B897-22F521731489.jpg

574C3AA0-6BC5-4108-8802-C6D82F471AF8.png

#そば #天ぷらそば

posted by のむさん at 06:29| Comment(0) | 赤坂・永田町・虎ノ門 | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

蕎麦処 グレゴリー @ 溜池山王

★★★☆☆

“生パクチー”の青い香りを立ち上がらせ

ちょっと亜流な気分で蕎麦をすする

そば自体は普通だと思うが、まろやかな

食感の“アボカド天”も蕎麦によく合う

ニューウェイヴなインパクトを狙った蕎麦処

A10AD473-FCBC-43C7-8C83-C7FA6402146C.jpg


溜池山王ランチ

遅めの孤独のランチをこの辺りでとブラッと

溜池山王の交差点の角に目立つ大きな暖簾が

目に入り、近寄ってみれば蕎麦屋の様だ

3AB4807F-A405-4219-AA50-F103FB30FA32.jpg


それも店先の品書きの先頭には、

なんと“生パクチー蕎麦”なる文字が

その横の“アボカド天蕎麦”も気になるぞ

これは食べてみたいとここに決め

54E9B7EE-16B0-4595-A369-4F39627661FE.jpg


“生パクチー”も“アボカド天”も捨てがたいと

どっち付かずに券売機で選んだのは

<冷アボカド天蕎麦・760円>に

<生パクチー・200円>トッピングで960

食券を店員に渡してカウンター席へ

DCC87A03-566E-47A4-ADCD-A209CD16B8B3.jpg

A8787C76-9F35-4E61-A0BE-69B9BB9B4D2A.jpg

因みに“生パクチー蕎麦”は780円で

トッピングの“アボカド天”は280

合わせて1,060円だから正解なのでは?

アボカド天のトッピングが多いのかな?


陶器の平皿のぶっかけスタイルの冷蕎麦に

アボカド天が3つあとはネギとワサビが

添えられたのが“冷アボカド天蕎麦”

トッピングの“生パクチー”は別皿で供された

FD47FA64-549B-43FB-9382-BAA7874CFFF0.jpg


蕎麦を手繰って口へ運ぶとコシは強めだが

風味は強くなく甘汁の風味で食べるタイプ

まろやか食感の“アボカド天”が意外に合う

3EEADC73-BBBB-4709-AE75-DCAC7E17E8C1.jpg

6B6837BA-6D4A-43D8-A538-137F6E7D1378.jpg


これは迷うことなく“生パクチー”を投入

パクチーの青い香りが立ち上がる

ここからは生パクチーの本領発揮

その香りが主体となって蕎麦を彩った

14D1D700-52CC-415F-BF5D-EAD6F0C49EDE.jpg


パクチー好きとしてはこれはこれでありだし

パクチー買ってくれば家でも作れるな

35E59BE0-AF3E-4556-876B-2545E35E3D36.jpg

ニューコンセプトな店を狙ってるのだろう

清潔感のある店内に客は女子ばかりかと

思いきや、遅めの時間だからだろう

振り返った店内は男のひとり客ばかりだった

posted by のむさん at 07:25| Comment(0) | 赤坂・永田町・虎ノ門 | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

蕎麦きり みまき @ 赤坂見附

★★☆☆☆

ここは、立ち食いの“小諸そば”チェーンの

運営企業が新たに展開した新ブランド。

空気を入れて軽やかに揚げられたかき揚げを

合間に挟みながらリーズナブルに蕎麦を啜る。

本格感はともかく手頃な価格で食せる蕎麦処。

71AFA8AE-669E-4314-B861-4D4F33818177.png


赤坂見附でそばランチ。

久々の赤坂ランチに選んだのは、今年の秋

2016年)に開店して気になってたこちら。

C85B0485-38CA-4067-BC79-5C530A4F9A78.png

昼時は数人の待ち客があったが回転もよく

そう待たずに奥のテーブル席に案内された。


メニュー構成は“板そば”を軸に天ぷらや丼の

セットものがラインナップされている。

そこから<かき揚 板せいろ・580円>を注文。

この値段設定はお得感はあるね。

417F5F2A-CB72-4660-83EA-4BAD1AAE3AC4.jpg


5,6分で注文品が供された。

6DC2B17F-3E6B-4890-8073-DBDC13CAB212.jpg


まずはそばだけを口に含んで味わう。

やわ腰な蕎麦は風味としては値段なりかな。

76181C88-637A-41E8-B1B8-866E190246C1.jpg

短めで切れ端も多く、本格的な手打ちそばを

イメージして食べない方がいいかも。


“厚削り本枯節”をダシにしているという

つけつゆは甘めでこれも自分好みでない。

495EAA31-01A8-41AA-AA2A-E8DCB7E3603B.jpg


空気を含ませて揚げられた大きなかき揚げは、

サクッとした軽やかな食感がなかなかいい。

1BF16033-40FD-46CB-B0E2-225A8E5C50D8.jpg

店内は清潔感あるし店員さんの接客も上々。

総合的にはこの値段なら納得感あるかな。


ただできれば小諸そばで食べるものと

大差のない蕎麦に関してはもちょっと

がんばって欲しいな。

58C824E6-2CE6-44D8-B668-3384550975C2.jpg

posted by のむさん at 07:36| Comment(0) | 赤坂・永田町・虎ノ門 | 更新情報をチェックする