2017年05月07日

そば切り屋 @ 新江古田

★★★★☆

粗挽きで十割の田舎そばは、口に含むと

蕎麦の香りが鼻に抜け、噛めばやさしい

甘みが感じられる。添えた山うどとあさりの

かき揚げも食感よくあさりの風味が活きてる。

十割にこだわる腕のいい手打ち蕎麦店。

CB82CE79-0321-414E-821A-1914AC4B0521.jpg


新江古田で休日蕎麦ランチ。

前回訪問は息子と2人だったが、女房も

行ってみたいということで今回は3人で訪問。

EE82FD27-0524-464C-837B-8D7EF83D409B.jpg

こじんまりした店内で唯一のテーブルは

先客で埋まってたので3人でカウンターへ。


<とろろもちそば・900円>が気になったが

残り1食ということでそらは女房に譲り、

自分は“オススメ”とあった

<山うど・あさりかき揚げ十割そば・

1,500円>をもらうことにした。

6A7B66CB-89D1-4926-8023-AF7F82C7FA99.jpg

そばは、“もり”か“田舎”を選べる。

前回訪問時は“田舎”がヤマで“もり”にしたが、

今回は食べてみたかった“田舎”でお願い。


調理はご主人がひとりで対応。

11品丁寧に作っていて時間はかかる。

E11B91F8-B49D-4383-99DC-C2B71E1FEBCC.jpg


女房の“とろろもちそば”おいしそう。

実際、温そばもおいしかったらしく

譲らなければよかったなどと心の中で思う。

E4815BF3-2966-40B0-AF7E-A8C74CF3B224.jpg

17AD1AF2-DA8D-4832-AB78-9D72E57C5272.jpg


息子の<田舎そば・850円>の後、

“山うど・あさりかき揚げ十割そば”が来た。

AFE4766E-2349-49E7-BA12-827F22446E89.jpg


まずはそばだけでそれ自体を味わい、

辛汁と薬味を駆使して十割の田舎そばを堪能。

C826DE50-5203-4BE9-A198-60D8299432EB.jpg


衣はサクッと揚がって山うどとあさりの

食感と風味の掛け合わせが楽しいかき揚げも

すごく気に入った。

FA486A09-096B-4912-A55C-F814D42F34B5.jpg


こにらは前は東長崎にあった評判店。

よくぞ自宅から歩いていけるこの場所に

移転してくれた。ありがたや、ありがたや。

F801FF53-B84D-4C20-BC1A-835D2BE1441A.jpg

1464337D-2B30-499F-9542-21061884A37E.jpg

posted by のむさん at 09:28| Comment(0) | 練馬・江古田・田無 | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

法師人 @ 桜台

★★★★★

細打ちで風味豊かなそばも素晴らしいが

そば前の日本酒の揃えもセンスがまたいい。

そのアテの料理も一品一品に素朴でいて

やさしいおもてなし感が感じられる。

住宅街にひっそりとあるお気に入りのそば処。

E3497BFA-AE41-43E0-966E-00821C55D690.jpg


桜台で休日家族そば。

女房の誕生日を祝って外食しようと

お気に入りのこちらを予約して訪問。

0C3E5F46-B646-435B-9E4B-C6AAD0766E92.jpg

月火水が休みなので家族の週末遣いにいい。


ここでのそば前は、いつも日本酒。

日本酒リストからまず選んだのは、岐阜の

<小左衛門 直汲 純米大吟醸・1,400円>。

0D2EC2BD-D308-48C2-BEE6-1CA760C38930.jpg

8E86A213-4067-4816-A279-2285C4DB2429.jpg

フルーティな香りが印象的な華やかな酒。


日本酒のアテに<栃尾の油揚げ・550円>、

<揚げ出しもち・550円>、そして

自家製スモークメニューから

<たらこ・400円~>をもらった。

36F1CA74-2E1B-444D-9188-EBC11D4C295D.jpg

D6CD442F-B4A9-441A-9E88-739892DE917E.jpg

FF4F3F33-2929-497B-B690-888504BB55FB.jpg


女房が野菜も食べたいと追加した

<東松山みその野菜スティック・500円>は

東松山の味噌が深みのあるいい味で

良質な野菜を一層おいしく引き立てる。

B2596644-3985-4436-B7FE-7BAB391898BD.jpg


酒は長野のお気に入りの銘柄“十九”の

19M 純米 生酒・850円>にする。

40066B21-EDF6-480F-955D-5555B94D88E2.jpg

F45DA517-32EA-4766-B1BE-7E44D5511650.jpg

ほどよくやさしい香りと味わい。

スッと切れる後味のよさ。

これはかなり好みの酒だった。


〆は決まって<ほうしとせいろ・700円>。

手頃な価格だが量質ともに申し分ない。

酒の後だと3人で2枚でもよさそうな量。

FE5915E6-A2B2-463B-951A-9C78FC13BDFD.jpg


星が残る細打ちのそばを口に含めば

やさしく豊かなそばの風味が舌から鼻へ。

4983DD82-C6AD-4803-A569-1003119D1C47.jpg

95807C48-F4D8-4D93-B53C-EDCFC0B4C495.jpg

店主のそば打ちの腕のよさだけでなく

そばを通してのおもてなし感さえ感じる。


〆て3人で7,500円くらい。コスパも高いね。

また次に伺うのが楽しみだ。

1918E54C-17AA-4DBF-A163-F4541F2054E1.jpg

53C1ADEF-CA65-47DF-916B-EDDB97305CC3.jpg

posted by のむさん at 10:35| Comment(0) | 練馬・江古田・田無 | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

吉喜多 @ 東長崎

★★★☆☆

“鴨せいろ”ならぬ“豚せいろ”がおいしかった。

蕎麦はコシのある細打ち目でやさしい香り。

“梅山豚”が煮込まれた鰹出汁のつけつゆに

端をつけてすすれば風味豊かにいただける。

次回は蕎麦前も楽しみたい手打ちそば処。

F63C304A-29D1-4F44-9334-48EE5F2A8A90.jpg


東長崎で蕎麦ディナー。

家族でちょっと買い物に行ったついでに

近くにあったこちらの蕎麦屋に入ってみた。

EA8D848E-FAF8-443B-B73F-3A27858D3DDA.jpg


訪問時、他に客はなかったが、

すぐに酒目当てのグループ客でほぼ満席に。

カウンター席と小上がり2卓の店内は狭めで

他の客との距離感が近いのはちと気になる。

85706271-82B0-4429-87B8-D1211EDE5004.jpg


車なので蕎麦前は我慢して、ブランド豚

“梅山豚(メイシャントン)”を使った

<豚せいろ・1,300円>を注文。

30259AEF-0EA9-4267-8FDB-591E8A079264.jpg

<野菜のかき揚げ・600円>ももらった。


まずは蕎麦をそのまま口に含む。

クセのないやわらかな蕎麦の香りと甘みは

キタワセ種かな。正直、あまり期待して

いなかったけれどなかなか蕎麦はおいしい。

257F7F43-3237-41F4-8C64-22ABAF884494.jpg


つけつゆの中には煮込まれた“梅山豚”が

数切れ。これを蕎麦の合間にいただくと

さすがのブランド豚。全く臭みがなく

脂の甘みが上品でとっても美味。

4F175099-F19E-45E8-B618-9685EBDE75A9.jpg


単品で注文した“野菜のかき揚げ”は

しつこい油っぽさがないのはいいが、

素材の野菜の風味も薄くてこれは今ひとつ。

57DCFA70-80B1-4C6F-904B-07F9B3C4B212.jpg


カウンターのおじさんたちが楽しんでる

日本酒は気の利いた銘柄が揃ってるし、

小上がりの別の座卓のグループがたのんでた

<生ビールセット・1,800円>も充実の内容。

E5D9AF5E-3110-4AD9-B12D-FEF22C49B6F6.jpg

車の運転で蕎麦前がいただけない自分には

周りの酒客は目の毒でしかない。


次回来るときには車で来ないで

お通し2品、そば焼き味噌、野菜のかき揚げ、

そしてせいろまで付いて1,800円の

充実の“生ビールセット”、絶対たのみたい。

CB7A86CD-F5C8-4884-8AF6-4311DB081B95.jpg

posted by のむさん at 07:56| Comment(0) | 練馬・江古田・田無 | 更新情報をチェックする