2017年12月25日

嵐山 @ 江古田

★★★☆☆

こう暑い休日は、蕎麦屋で枝豆とビールだな

枝豆をサヤから指で押し出して口に入れ

濃いめの風味を楽しんだらビールで流す

その後は格安な“へぎそば”で腹を足した

気軽に蕎麦前を楽しめるへぎそば処

37837AFA-9930-40CD-A00F-4A61990BDA3E.jpg

江古田で休日ランチ

7月に入って急に蒸し暑くなったこの日、

蕎麦屋でビールでも呑みたい気分

江古田に髪を切りに行くという蕎麦好きの

息子をランチに誘って江古田駅近くへ


入店したのは駅近くのこちらの蕎麦店

外観はチープな路麺店といった感じだが

“へぎそば”ののぼりを目にして

ツルツルとした喉越しを期待して選んだ

635EBDB2-885A-4447-855E-AAD212A6A8BD.jpg


カウンター席とテーブル席の店内

2人掛けのテーブル席に腰をおろし、

息子は<もりそば・520円>、

自分は<瓶ビール(中瓶)・530円>と

<枝豆・400円>を蕎麦前にもらった

2DCFEDFE-A45D-4380-82EB-998A59DEF02C.jpg


ビールの銘柄はアサヒスーパードライ

瓶ビールをグラスに注いで昼の喉を潤す

5850FEB4-C2CA-4911-BEC2-1C37168D4BCE.jpg


アテにした枝豆はなかなか風味濃いめで

こんな枝豆に出会うと得した気分がする

E42DE7F8-0763-4A72-8685-4F3233CBFE17.jpg


枝豆もビールも底をついて来たところで

“もりそば”を自分も注文した

供された蕎麦は330gということで

結構ボリューミー

ちなみに大盛りはその1.5倍なのだそう

68CAA34B-8D0B-4DCD-AA13-237EE8CB71CE.jpg


正直それほど味の方は期待していなかったが

へぎそばらしいふのりの風味と

ツルツルとした舌触り、喉越しがよかった

5FFCB575-2811-4C35-B8EB-C5FED014D1B5.jpg

〆て2人で1,950

こんな休日の昼飲み蕎麦にリーズナブルで◯


#そば

#リーズナブルにへぎそば呑み


posted by のむさん at 06:12| Comment(0) | 練馬・江古田・田無 | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

野中 @ 中村橋

★★★★★

運よく“アリスの田舎蕎麦”にありつけた

蟻巣石の石臼で手挽きした110食限定の

十割蕎麦は、ザラッとした舌触りが心地よく

ほんわり蕎麦の香りが口腔から鼻へ抜ける

蕎麦の香りと旨みが立つ手打ち蕎麦の名店

D02B0993-63CF-4A31-AF8F-4C36051A10DA.jpg


中村橋で家族ディナー

雨の中、車で衆議院選挙に行ったついでに

夕飯を食べて帰ろうと“アリスの田舎蕎麦”が

残っていることを期待してこちらへ

088F50FC-E733-475E-A248-A62C886DEA54.jpg


台風が向かってるというのに結構混んでたが

開店からそれほど経っていないこともあり

なんとかすぐに座れた

ED8C750B-E591-4BB2-8C43-FB748246F38F.jpg


テーブルに腰を下ろすと“黒豆茶”が供される

599E71F2-1FAF-4D98-B212-48A3CF62AAB2.jpg


まず花番さんに伺うのは、数量限定の

“アリスの田舎蕎麦”がまだ残っているか

運よくあと2食残っているとのことで

<蟻巣の田舎蕎麦・1,000円>を

息子とふたりで注文させていただいた

C9444538-CA2F-41E3-A32D-C6F0D3E80124.jpg


女房が注文したのは、

<かき揚げ天せいろ・1,400円>

75ABEC1C-9666-499C-BF3C-012ABFBC28EA.jpg

海老のかき揚げも上品で定番のせいろも

とってもおいしかったとのこと


何度目かの“アリスの田舎蕎麦”は、

相変わらずふくよかな風味が素晴らしい

B4651331-3618-4946-A942-1F486A9B28BD.jpg


稀少な蟻巣石の蟻の巣のような構造で

蕎麦の組織を壊さないように製粉できるのが

香りと旨みの豊かな蕎麦になる秘密らしい

100C6B7D-84BE-4502-8308-3D28EE24EEB4.jpg


“蟻巣蕎麦”は、塩で食べるのも楽しいが

“蟻巣蕎麦”のためにヒゲタ醤油の稀少な

限定品をカエシに使った辛汁も味わい深い

2E4CF94C-BF59-4455-811C-862D8B533067.jpg

D1353DA8-5142-4734-9819-FFED7DAFCD98.jpg

薬味を添えながら辛汁の風味も絡めて

“蟻巣蕎麦”を堪能した


蕎麦の旨みが溶け出した濃度の高い蕎麦湯も

ほっこりと愉しんでごちそうさま

F6A77C40-BC87-4A02-A112-E178C004171C.jpg

次回の来店時も“アリスの蕎麦”あるといいな


#そば

posted by のむさん at 07:33| Comment(0) | 練馬・江古田・田無 | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

法師人 @ 桜台

★★★★★

益子焼の器にたっぷり盛られた細打ち蕎麦は

コシが強くて、香りも甘みも申し分ない

“鴨せいろ”の汁には鴨と野菜の出汁が出て

それを纏った蕎麦もまた一興だ

駅から離れた住宅街にある実力派蕎麦店

C584B153-9550-4DBB-A14D-6DAB67632081.jpg


さくら台で家族ディナー

今日は蕎麦でも食べようと向かったのは、

家族で一番利用してる我が家御用達のこちら

祝日のこの日もやっていて助かった

5F4C6881-9F11-4656-8995-69F544F7115D.jpg


ここは日本酒もいいが車なので酒は諦めて

<鴨せいろ・1,350円>を注文

蕎麦は“ほうしとせいろ”でお願いする

A048552F-0FE9-4816-AC14-A87E2CE9CFA9.jpg


女房が選んだのは、季節メニューの

<ゴマ油香る夏の冷しぶっかけ・1,100円>

5F659DA9-D5D4-49C3-9EF2-98C9593994D4.jpg

271678E6-156E-4408-A31C-408F7525D0D9.jpg

ゴーヤ、トマト、ワカメ、カイワレ、揚げ玉、

そして、ゆで卵がのせられ甘汁をぶっかけた

ビジュアルはサッパリとおいしそう


この日は我々が最後の客だったらしく

店主が蕎麦の盛りをよくしてくれて供された

鼻を近づけると自然な蕎麦の香り癒される

48534B1F-3BA3-477B-AFE4-157CADF2AAAA.jpg


見事な細打ちの蕎麦を手繰って口に含む

その香りがさらに豊かに鼻に抜ける

舌触りもよく、軽く噛めば品のある甘み

A8A64122-2C7E-4661-AF21-08B9A51A9E56.jpg


鴨汁に蕎麦を通し、ネギや鴨肉を絡めて

食べ合わせれば、普通のせいろとはまた違う

蕎麦食の楽しみ方を実感できる

鴨肉を噛めばそれ自体の旨みも滲む

89EDEEAC-2C42-4AFB-AB80-1E58D6C654B8.jpg

そば湯をいただきこの日最後の客として退店

帰り際に見送りに出てきていただいた店主と

益子焼の器の話なんかをして店を後にした

posted by のむさん at 23:44| Comment(0) | 練馬・江古田・田無 | 更新情報をチェックする