2020年08月23日

銀杏 @ 西大島

★★★★☆

コンクリート打ちっ放しのモダンな店内

料理、蕎麦、接客にはとても優しさがある

そば前のセットに決めて燗酒から始め、

風味豊かな細打ちの蕎麦への一時を愉しんだ

メニューのイラストにも優しさがある蕎麦処

1A800FFC-1204-4D16-A85D-2A837A7D7A5A.jpg


西大島ランチ

休日にチェックしていた蕎麦屋を巡ろうと

今回は、駅から5分ほどのこちらを訪問

A6EC723F-889A-40AC-A7AE-75D8BBA27C27.jpg

日曜の13時前、入口前には待ち客があったが

タイミングよく出る客が続きすぐに入れた


コンクリート打ちっ放しの壁の店内には、

洒落たモダンな空気感がある

0004B6CC-D484-489F-894B-35E51B3E8A25.png


そば前から始めたい自分にピッタリな

メニューが目に留まって

<銀杏の蕎麦前セット・2,000円>を注文

0FF28E5C-842D-4AD1-80BB-0DA44E8CBFD1.jpg


やきみそ、ニシン姿煮、玉子焼きの3品に

蕎麦(せいろorかけorそばがき)が付いて

この値段は、なかなかお得感あると思う

4415BE68-B2BD-49B1-997B-0E0C520E62E3.jpg

41F3F578-9FBC-4DFD-A5A9-3B67463A86A0.jpg

酒は、燗酒のメニューから黒龍の

<九頭龍 純米吟醸・1 1,000円>を選んだ


黒龍のネーム入りの湯煎ポットで供された

九頭龍は、純米吟醸ながら燗でも映える

A8656CEC-622F-43EC-BFF9-4D72BBC05063.jpg

AC996245-282A-4056-8C35-4955B8F1CB03.jpg

E704DE60-576B-4AAA-B5E4-9DE7DC98F301.jpg


<お通し・300円>として

チーズ豆腐が供された

AAE7E358-C8F1-4E1A-90D0-3B8114F878F8.jpg

955805DF-B857-4B8B-88D9-1BC402BBA2C9.jpg

クリームチーズにジュレの出汁がかけられ、

小エビ、蕎麦の実、等が添えられている

とってもコクと旨みがあり、酒にピッタリ


そば前の肴の3品が次々に運ばれてくる

6E5B113C-E439-4EF5-AB31-C57D65AD30F7.jpg


ネギや蕎麦の実が和えられた白みそが

香ばしく焼かれたやきみそは、

蕎麦屋の蕎麦前の肴の中でも大好物な部類

CD38C72C-4D75-4749-8A6B-8A6085D4E641.jpg


玉子焼きは、至って上品な味で

おろし醤油を添えていただいた

02E60FBA-A6EA-41D0-A08D-53D3FF239D8A.jpg


ニシン姿煮も味付けが濃過ぎることもなく

いい塩梅でついつい酒がすすむ

D92E4915-FF4B-417A-B407-F24E75B90DB2.jpg

酒が一合では足りないところだったが、

そこはおかわりをグッと我慢して蕎麦へ

〆の蕎麦は、せいろをもらうことにした


先に運ばれてきた薬味は、

山葵、ネギ、大根おろし

山葵が丁寧に作られているのがわかる

3F012B62-4073-40A8-BD10-5C976AED6F94.jpg


細打ちの蕎麦は、鼻を近づけると香り立ち

何もつけずに口に含めば風味豊かな一品だ

CE39BE37-8014-4F01-A2DB-A002EC45421A.jpg


辛汁も深みがあって蕎麦に合っている

ちょっと切れ端は多めではあったが、

最後までおいしく軽快に食べ進められた

8F9ADCDD-39AC-4A6D-88F8-EB0B6877CBF0.jpg

08E3002C-D146-4695-A253-F72FF13166B5.jpg

C9C492F6-5A28-4131-89C8-4CF62982D110.jpg


〆て税込3,630

この日の素材は、常陸秋そば

その時々でいい素材を選んで打っている様だ

また立ち寄って蕎麦前から始めたい店だった

434E6B6F-DF8E-406E-B4D9-1E00BDF7F303.jpg

53495665-AD7D-43FC-A279-5A25DAD25A40.jpg

3F27609B-5165-4FCC-BFB8-C2BA65EEF6DB.jpg

#コスパ◎な銀杏の蕎麦前セットで始めた

posted by のむさん at 12:01| Comment(0) | 錦糸町・浅草橋・新小岩 | 更新情報をチェックする

2020年07月28日

寿々㐂 @ 錦糸町

★★★★☆

燗をたのめば湯煎スタイルで真澄が供され、

焼味噌、明太子巻を肴にそば前から始める

だし巻きと明太子の取り合わせに

マヨネーズを添えたら旨みが一層アップした

昼酒から始めるのにも使い勝手いい町そば

CA4D6C23-6F57-4908-8016-C56D80DFBD73.jpg


錦糸町ランチ

休日仕事を午前中で終え、日曜営業の

近くのそば屋を探してこちらを初訪問

A4BC84E6-D389-4884-BCFF-F00E0269DD41.jpg


正午前、ひとりだったこともあり

カウンターに着けたが、その後、

次々と客が来て、待ちになっている

5C99848B-778E-465F-B5A1-4135122067DD.jpg


<燗・500円>は、湯煎スタイルの容器で

真澄 本醸造が供される

419614BE-2A71-4810-B8BF-29730606138C.jpg


お通しは、水菜とシラスの和え物

寂しいビジュアルだがシャキッと爽やか

384D0FD2-2D3A-4062-95E9-67C1B288D898.jpg


アテに選んだひとつは、<焼味噌・400円>

ネギと蕎麦の実を和えた白味噌が焼かれ、

サクッとした歯ざわりと和な風味を魅せる

81E282DD-0FAA-4901-BB40-03FFEDCD2A67.jpg

燗した辛口の酒に合うのは間違いがない


そしてもう一品、<明太子巻・850円>

4CEAE6CD-F96F-405D-9306-A42FD386AB3C.jpg

EC234F7A-BD78-46C1-AF42-F4348DB84036.jpg

だし巻きと明太子のマッチングが絶妙

マヨネーズを添えれば旨み一層アップした

大葉も合わせれば、これもまた相性がいい


〆は、いつもの如く、<もり・550円>

BBD1BDB3-8042-4480-919F-DD29DC30FA6C.jpg


辛汁が濃口なのは自分好み

薬味のワサビとネギを使って食べ進めた

9A875B40-9675-46AD-81D0-0266B4190540.jpg

D589EB03-2807-4D5C-B532-8C51C3B77E13.jpg


フロアと厨房を行き来する店員さんは

忙しそうで、そば湯を忘れられたのはご愛敬

お願いして出された熱々のそば湯が腹に沁み入る

2C0ABA8B-20AE-4D51-8AC6-71166A1AC517.jpg


〆て2,300円也

他のお客さんは、ランチタイム900円の

丼もののセットをよく注文していた

このセットは、コスパ良さそうだ

F1926775-6693-45D5-845D-E19BF1A957FD.jpg

DF3BB20F-EFCD-4CB9-9ED2-9BADA6BC37F5.jpg

#昼酒から始めるのにも使い勝手いい町そば

posted by のむさん at 09:47| Comment(0) | 錦糸町・浅草橋・新小岩 | 更新情報をチェックする

2020年04月12日

文殊 両国駅前店 @ 両国

★★★★☆

大衆そば店であっても出汁や麺、天ぷら等に

こだわる店に出会うと嬉しくなる

まろやかな舌あたりの出汁が効いた甘汁と

細打ちの自家製麺が奏でるハーモニーは絶妙

名店の呼び声高い大衆そばの両国駅前店

D1B95309-3861-45DE-B5BA-FB56FA48C88F.jpg


両国ランチ

秋葉原で降りるつもりが両国まで乗り越した

せっかく乗り越したのだから、丁度昼時だし

チェックしていた文殊で食べて行こう

切符代の追加は痛いがそこは良しとする

DB17DE11-42E4-4375-8B24-F2FBF919476E.jpg

両国本店という考えも頭をかすめたが、

ちょっと歩くので駅から近い駅前店へイン

イスのあるカウンターに泊まった


注文したのは、<かき揚げそば・380円>

<生玉子・50円>も付けて天玉にする

F42730F4-F339-488C-B22A-88CDDBDAAB87.jpg


揚げおきのかき揚げが置かれ、

生玉子が落とされて注文品が供された

甘汁を啜ってみると鰹の風味が効いて

角のないまろやかな口あたり

9615A77E-33E6-4156-AE7E-4AECCD96BEC1.jpg


大衆そば系の他の店では

なかなか見ることのない位の細打ち麺

自家製らしいが、本店で製麺しているのかな

甘汁の麺への絡みもよくて

その風味を上手に引き上げてくる

63847CA7-280D-4FC5-A644-9DE35D3DFF2E.jpg


揚げ置きで具合よく油の落ちたかき揚げも

汁の馴染みがよく、衣の甘みが溶け出す

生玉子の黄身を崩して絡めれば一層まろやか

BF955CEA-C732-4178-A4C2-71D5D82E5D1E.jpg


首都圏に10店舗くらいを展開する

チェーン店でもある文殊

他の店も見かけたらまた立ち寄ってみよう

C94D5B42-6F98-4E29-A054-B601FFAD0E2E.jpg

0CA61CC1-901B-4721-8365-D8D205BDF4D3.jpg

#自家製の細打ち麺に甘汁がよくからむ

posted by のむさん at 07:53| Comment(0) | 錦糸町・浅草橋・新小岩 | 更新情報をチェックする