2019年11月02日

大坂屋 砂場 虎ノ門 @ 虎ノ門

★★★★☆

威風堂々としたその外観は、由緒を感じさせ

また江戸蕎麦の歴史の一端を語っている

更科粉で打った蕎麦は、すこぶる喉越しよく

添えた白海老のかき揚げ天もそば前に合う

江戸蕎麦御三家砂場の流れを汲む名蕎麦処

7D7E88E2-D7BE-483E-8F7A-B21A279DE88A.jpg


虎ノ門ランチ

かなり久々に由緒正しき蕎麦処を再訪

初めて訪問したのは、10年以上前だったか

A81AE112-B4B7-42A3-9B23-DE767F2E3BCA.jpg


満席で少し待った後に席に案内され、

品の良さそうな年輩のご婦人とご相席

06750FAF-6F06-4A9C-BAC6-C10BBBA62060.png


日本酒をそば前にちょっとだけと注文は、

<〆張鶴 純(純米吟醸)・790円>を燗で

4277AFE7-8ED9-4AAB-B689-83692BA6A1E8.jpg


お通しの昆布煮をアテに

旨みが膨らむ辛口の酒をチビチビと愉しむ

DABB1C63-0E0F-44BA-9548-76BC5A5E3494.jpg


添えられた天ぷらを酒の肴にしようと

<白海老天せいろ・1,790円>を通す

天ぷらだけ先出しできるか訊いたがNG

C3357E5A-1BB0-4039-9EBF-66F652405E8C.jpg


ツヤのいい白い蕎麦は、コシの強さが絶妙で

江戸蕎麦らしく爽やかな喉越し

E2EB7D0D-6887-4E5C-9133-4FAB9E540113.jpg

A2E3FDE1-7663-4F3A-ACC7-8BEE5BE9C3FA.jpg

3105F94D-1468-478E-B15A-8E9BB57726D2.jpg

2C670D40-16AB-4E48-9ADA-5793E617C1EC.jpg

まろやかに鰹節の出汁が効いた辛汁や

丁寧につくられた薬味も蕎麦との相性がいい

江戸時代からの蕎麦の歴史を勝手に感じる


サクッと軽やかに揚がったボリューミーな

白海老のかき揚げは、白海老のほかに

玉ねぎや小魚も具になっている

73E19623-77FF-4C76-B2CE-5016154F2379.jpg

キレイに食べるのに少し苦労はするものの

蕎麦に合わせても品の良さがある


店内の客層を観察すると

男女問わず蕎麦好きそうな一人客、

そば前を酌み交わす年輩の二人客が多く、

老舗の空気に浸りながら食を愉しんでた

EE84C591-8185-4127-91B6-E1EE302D5CB5.jpg

F35BB76E-4096-44A0-B309-9DD10E4C2869.jpg

4270CE99-1635-4D7B-B70B-10BE2CCEFA11.jpg

#オフィス街の狭間で江戸蕎麦の歴史を感じる

posted by のむさん at 06:09| Comment(0) | 新橋・浜松町 | 更新情報をチェックする

2019年04月13日

芝大門 更科布屋 @ 大門

★★★★☆

春らしくいただいた変わり蕎麦は、“桜切り”

桜の香りをやさしく纏って喉越しもいい

三色でいただいたのは、“更科”と“抹茶切り”

透き通る様な白い蕎麦に舌も喉もよろこぶ

更科屋号が流行った寛政に創業の老舗蕎麦処

55AC3530-BAC0-4E02-B1EB-2E074D2B418C.jpg


大門ランチ

羽田からの出張前に蕎麦でも手繰ろうと

乗り換え駅の近場を考えてこちらへ

更科の系譜はわかりにくいところもあるが

こちらのお店、寛政3年創業だという

2B5B9EF9-A83D-4552-907E-D46A40942792.jpg


平日の12時半頃はさすがに混んでいて

3人の待ち客の後につき、相席で案内された

4FA90277-3284-4BE9-A5B4-FC74CA769F8D.png


“本日の変りそば”は春らしく“桜そば切り”

更科もどちらも食べたくて行き着いた注文は

<三色そば・950円>

この日は、更科、抹茶切り、桜切りの構成だ

93B70CD1-10DF-4D22-A9B7-477BF714D412.jpg

70BF21F6-27F7-463E-ACA0-494029FCAD88.jpg


一番粉で打つ“更科”は、透き通る様に白く

上品な舌あたりで喉越しも心地いい

CF19182C-B041-4433-B51D-BF4A4D6F0332.jpg


真ん中で色を分ける“抹茶切り”も

やさしく練りこんだ抹茶が香って楽しい

E6C4CEB7-A844-41E2-9907-0ED5DB2D75BA.jpg


季節情緒のある“桜切り”は、まさに春の香り

軽く咀嚼すれば桜の香りが鼻に抜け、

喉越しの良さも申し分ない

C51BF9D2-AA61-44F0-88D7-9EECADCE81E7.jpg


初めて訪問の更科の老舗

元の屋号は、“信州更科蕎麦處 布屋萬吉”

79586938-B1BB-4EED-95E8-D8F4A5D705EF.jpg

CD2B8F5A-7628-4506-9441-EB6B8DF0C778.jpg


更科と変りそばが看板メニューだが、

そばの産地が示されている“生粉打ち”も魅力

この日の素材は福井県産 大野在来とのことで

それもいただいてみたかった

B50BE3DE-C191-449C-AAC8-76FEEBD6F68E.jpg

D5D642CC-4269-4C62-A7C9-BF5327D3C455.jpg

#春らしく桜切りそば

posted by のむさん at 00:39| Comment(0) | 新橋・浜松町 | 更新情報をチェックする

2018年08月24日

そば田 @ 新橋

★★★★☆

“キンミヤハイボール”が100円で呑れる

16時から18時までのハッピーアワーが

ディープインパクト。蕎麦屋らしい肴、

“かき揚げ つゆ玉入り”もどこか凄味がある

昼は立ち食いそば、夜は立呑みの二毛作店

8BD912F9-0152-4EE4-81FF-9FD516CE5C2F.jpg


新橋でひとり呑み

目指したのはFBで呑み友がコスパがいいと

絶賛していたこちらの立呑み

16時になると暖簾の表示も立食いそばの

“そば田”から立呑みの“のむ田”に替わる

7F5D0B0F-9D02-4F2E-8E33-047A16511AC7.jpg


なんとかハッピーアワー内の17時に到着し、

<生ビール(中)・420円>をとりあえず

FAB29465-30DE-49D7-823C-15B7CCFEEBFF.jpg


酒のアテには、<赤ウインナー・380円>と

<ハムかつ・210円>をお願い

921833C6-3E12-4440-90DA-C735935CDD17.png

先払いでお支払いしたらビールだけ持って

壁際の立呑みカウンターに着いた


“赤ウインナー”が炒めたてを提供されるのは

あたりまえとして、“ハムかつ”も注文を

受けてからプチプチ音とともに調理され

熱々の揚げたてを提供される

この手のそば屋で揚げ置きでないのは珍しい

F172CCA1-8D77-43A0-AC99-02FFEB3C5270.jpg

95BD2C28-5DC5-49DD-A422-8539402EC283.jpg


せっかくハッピーアワーに間に合ったから

<キンミヤハイボール・100円>をお願い

キンミヤ焼酎をストレートに炭酸割りした

ハイボールは、ドライな飲み口がとても好み

9C0895E6-EA8C-4C6C-BEA3-4FCCDDA87D02.jpg


ちなみに16時から18時のハッピーアワーは、

キンミヤだけでなく、ブラックニッカの

ハイボールも100円なので付け加えておく

FE493428-B8A8-4263-91D4-DC41E9B9016A.jpg


酒の肴をもう1品もらうことにして選んだのが

<かき揚げ(つゆ・玉入り)・190円>

そば屋らしく“かき揚げ”の天ぬきっぽいが

そこに卵が落とされるのがなんとも凄味ある

5EACF2D7-F787-450A-B72C-1D638F15FCD7.jpg


かき揚げと卵とそばつゆの融合の一品は、

揚げたてで食感のいい“かき揚げ”もいいが、

そこに“つゆ”と“卵”をしっとりまろやかに

馴染ませればまた旨み豊かないいアテになる

4759B837-7008-4523-9AE7-7AC6FF740E8E.jpg


まだまだハッピーアワー内なので、100円の

“キンミヤハイボール”をおかわりしながら

<もりそば・340円>を〆に注文

74750C8E-4606-471C-A888-FDBE36D3F09D.jpg


サッパリとしたそばとコクのあるつけ汁の

コンビネーションはなかなか良く、

立ち食いそば店の中でもコスパいいと思う

973CE961-6212-4CAA-B80B-A859FFCE27B8.jpg


“のむ田”の暖簾と共に16時になると

コスパ抜群の立呑み酒場に変貌する

こちらの立ち食いそば店

おつまみメニューもリーズナブルで

ちゃんとおいしいからまた足を運びたい

82FE2647-DB62-40D0-B352-1C50BC7842BF.png

#立食いそば #立呑み #そば #居酒屋

#ハッピーアワー

posted by のむさん at 09:22| Comment(0) | 新橋・浜松町 | 更新情報をチェックする