2019年10月22日

あさだ @ 八丁堀

★★★★☆

プリッとした食感の海老のつけ天の甘みと

衣に沁みるつけ汁との相性がすこぶる良い

抹茶が練りこまれた蕎麦は、風味やわらかで

コシが強く、滑らかな喉越しが印象的

創業1892年と一世紀を超える老舗蕎麦店

51032EDE-DADC-4FEC-89DC-EDE46813FD15.jpg


八丁堀ランチ

平日休みのひとりメシにチェックしていた

こちらの老舗蕎麦店へ

明治創業とのことだが、どちらかというと

現在は昭和っぽさが漂っている

95CF6001-10D3-4893-8B0B-3A98F65190C2.jpg


<御酒・550円>を燗してもらうと

伏見の酒富扇の小瓶がそのまま燗された

つきだしには大根の浅漬けが添えられる

3143EF6A-54E3-4FCA-9E67-471A2178BF3F.jpg

57E97D87-96F3-460C-A8C7-42B303FED636.jpg

1E8C572E-AB88-4090-A62A-2AEC2A5A7371.jpg


メニューを見る限り酒の肴になるような

一品料理はないので<天もり・850円>を

通してつけ天を酒のアテにすることに

9E929CF0-3530-4751-B0E5-612E6634A38C.jpg

754F4647-C211-41C2-9027-2D30A1FB2670.jpg


こちらの天もりのつけ天は海老小柱

選ぶとの情報を得ていて、小柱にしようと

思っていたのだが、最近小柱の仕入れが

ないらしく自動的に海老天になった

80EFDB64-58A4-4FE8-8CEB-AEE3759D0805.jpg


浅漬けをツマミに半合ほど飲んだところで

先につけ汁に半身ほど浸かった海老天

供され、後からもりそばが運ばれてきた

425E3A4F-15A7-4B9F-9D20-7AD23930D820.jpg

117B4B5B-B573-4849-AA3B-D5546EC961D9.jpg

淡い草色の蕎麦は、茶そばの様だ


早速、蕎麦にとりかかる

抹茶を練りこんで打たれた蕎麦は、

思っていたよりも抹茶の香りは強くない

コシが強く、滑らかな舌触りで喉越しがいい

41867718-A6A2-4AE2-9E07-3E028B04EEF2.jpg


海老が浸かるつけ汁はまるい舌あたりで

天ぷらとも蕎麦とも相性よくおいしく食せた

98328926-2A11-4A5A-8B46-BBAC7A117CE1.jpg


蕎麦と同じタイミングで出されたそば湯で

残ったつけ汁を加減よく割って飲み干す

2213E5B4-CB58-4608-A91A-41FCA7755249.jpg


娘さんかパートさんかわからないが、

花番さんの気遣いのある接客も好印象

今度きたら某氏に薦められた

冷やたぬ大を食べなくちゃ

3D8120BE-D179-452C-A251-0917DC134EC6.jpg

#そば #そば前 #ランチ

posted by のむさん at 06:22| Comment(0) | 東京駅・丸の内・日本橋 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください