2019年10月11日

上杉 @ 吉祥寺

★★★★☆

こんな肌寒い日には飾り気のない蕎麦屋で

焼みそあたりをツマミに燗酒がいい

おなかから温めたら注文するのはせいろ

年季の入った手打ちを手繰って風味を堪能

住みたい街で長く営まれている老舗蕎麦店

40EEF079-6AA0-4E37-9318-BAE4FB9F0E21.jpg


吉祥寺ランチ

日によって温度差の大きい昨今、この日は

快晴なのに肌寒く、蕎麦前から燗酒で

温まることにして井之頭公園近くの蕎麦屋へ

5E3088BB-0B71-48C8-AF92-AED52B1B7C51.jpg


土曜の昼時、先客は年輩の常連さんが多い

差し出されたメニューは、定規で線を引いた

ところに書き込まれた手作り感が素朴で素敵

BE5C5D35-906B-4361-AB87-5D68A9D745AB.jpg

09B5D11E-62A7-47C1-938A-7138D14A1EC2.jpg

8E4FE839-EB92-4B6E-A02C-D4A550A4E461.jpg


空いているテーブル席に腰かけて注文は

<日本酒・570円>を熱燗でお願いし、

肴に<焼みそ・380円>をつけた

日本酒の銘柄は江戸そばらしく菊正宗

C7FB49DB-9E35-4368-BA25-C99D568098E0.jpg

1008700F-7487-48D9-899F-5CEE7A429780.jpg

フロアを担当するおかあさんに

「蕎麦の注文もいっしょに」と促されて

慌てて<せいろ・570円>もお願いした

全体的にお値段は手頃なのはいいな


雰囲気のある徳利とぐい呑で酒が運ばれる

しゃもじに塗られた刻みネギ入りの焼みそを

ツマんで口に含み、そこに辛口の酒を足す

FBCC1A33-1D5F-497C-A3E0-ABDC6B92BE4D.jpg

1A7CA7D1-F4CD-4ED4-A594-F48ADA199301.jpg

蕎麦の前にいただく燗酒は至福の一杯だ

肌寒い新そばの季節にそれは一層のこと


もう1本浸けてもらおうかなと考えていたら

注文していたせいろが供され酒はここまで

6DCD4F23-E4B5-47F6-A679-6CE98CAB98B5.jpg


せいろの蕎麦を手繰ってそのまま啜る

65839EC8-F665-42E5-8C9A-16C5FA0434C7.jpg

コシのある細打ちの蕎麦にはコシがあり、

旬の新そばの爽やかな風味と喉越しがいい


竹の器で添えられる薬味は辛味大根とネギ

メニューに本ワサビは別料金とあるが

個人的にはこの蕎麦の風味にワサビは不要

バランスのいい辛汁に蕎麦の端を浸けながら

サッパリと蕎麦ランチを楽しめた

ABE289B0-4BBE-40C7-B518-17A3B8035FE5.jpg


住みたい街ランキング1位の吉祥寺に

長く息づく素朴な老舗蕎麦店

入店して来る客はお店と顔馴染みな方が多く

地元に愛されている感じもまた良かった

208F1E65-0E1A-494F-8FDB-D4AF6E18D0E5.jpg

704D6688-2C81-4D0D-A536-2A3EB2ECA039.jpg

C9ADE312-0721-483C-A82A-C18B72BB19BF.png

1F63A416-FD43-411B-AD13-F8A8F921F4BF.jpg

#そば #新そば #そば前 #ランチ

posted by のむさん at 05:18| Comment(0) | 中野・吉祥寺・三鷹 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください