2019年04月13日

そば処 二葉 @ 秋葉原

★★★★☆

店に入るといきなり「おそば?うどん?」と

カウンターを仕切るおねえさんに問われ選択

そこへトッピングに“貝柱かき揚げ”を告げて

独特な食感の温そばのアクセントにする

半世紀に至る歴史をもつ立食いそばの老舗

E2C99E94-9349-46E1-8513-A2C1C293AC3E.jpg


秋葉原ランチ

実は立食いそば激戦区のこの界隈

川一と悩んで選んだのは数年来ぶりのこちら

1967年創業というから“立食いそば”としては半世紀をこえる貴重な老舗だ

D72307AD-27D6-4478-AFAE-0A5DD9428273.jpg


引戸を開け入店すると天ぷら担当の男性と

カウンター担当のおねえさん2人で切り盛り

冒頭のやり取りを経て、代金引換にて

<かけそば・280円>の

<貝柱かき揚げ・150円>のせを調達した

29D0B41A-8BD7-4CF6-BC96-B6428CE3B501.jpg


丸い玉ねぎ中心のかき揚げに7つの貝柱が

突起する天ぷらがのったビジュアルに

なんだか宇宙的なものを勝手に感じる

EEDCEED6-2340-42C9-B1E6-6B99469521B4.jpg


典型的な関東風の甘汁に浸かったそばを啜る

麺箱に山田製麺所とあるゆで麺の

モタっとした食感はちょっと個性的

以前にも感じたが好みが分かれるところ

CC974EE0-51E3-485A-998F-6775FAA66435.jpg


この店の醍醐味はバリエーション豊かな

天ぷらで揚げ置きのストックを確認しながら

店員さんが揚げて足していく

だから揚げ置きといっても意外と揚げたてだ

6906B17A-A381-4886-9914-5A9B59B27C28.jpg

なかなか立食いそばでは出会えない

今回の“貝柱かき揚げ”もボリュームのある

そばをすするいいアクセントになった


昭和の高度経済成長期に誕生した立食いそば

今でもビジネスマンたちの腹を満たしてる

A18FA043-52DE-4DBC-8A49-171DF12C9179.jpg

#そば #立食いそば #ランチ

posted by のむさん at 05:57| Comment(0) | 神田・秋葉原・御茶ノ水 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください