2019年04月13日

芝大門 更科布屋 @ 大門

★★★★☆

春らしくいただいた変わり蕎麦は、“桜切り”

桜の香りをやさしく纏って喉越しもいい

三色でいただいたのは、“更科”と“抹茶切り”

透き通る様な白い蕎麦に舌も喉もよろこぶ

更科屋号が流行った寛政に創業の老舗蕎麦処

55AC3530-BAC0-4E02-B1EB-2E074D2B418C.jpg


大門ランチ

羽田からの出張前に蕎麦でも手繰ろうと

乗り換え駅の近場を考えてこちらへ

更科の系譜はわかりにくいところもあるが

こちらのお店、寛政3年創業だという

2B5B9EF9-A83D-4552-907E-D46A40942792.jpg


平日の12時半頃はさすがに混んでいて

3人の待ち客の後につき、相席で案内された

4FA90277-3284-4BE9-A5B4-FC74CA769F8D.png


“本日の変りそば”は春らしく“桜そば切り”

更科もどちらも食べたくて行き着いた注文は

<三色そば・950円>

この日は、更科、抹茶切り、桜切りの構成だ

93B70CD1-10DF-4D22-A9B7-477BF714D412.jpg

70BF21F6-27F7-463E-ACA0-494029FCAD88.jpg


一番粉で打つ“更科”は、透き通る様に白く

上品な舌あたりで喉越しも心地いい

CF19182C-B041-4433-B51D-BF4A4D6F0332.jpg


真ん中で色を分ける“抹茶切り”も

やさしく練りこんだ抹茶が香って楽しい

E6C4CEB7-A844-41E2-9907-0ED5DB2D75BA.jpg


季節情緒のある“桜切り”は、まさに春の香り

軽く咀嚼すれば桜の香りが鼻に抜け、

喉越しの良さも申し分ない

C51BF9D2-AA61-44F0-88D7-9EECADCE81E7.jpg


初めて訪問の更科の老舗

元の屋号は、“信州更科蕎麦處 布屋萬吉”

79586938-B1BB-4EED-95E8-D8F4A5D705EF.jpg

CD2B8F5A-7628-4506-9441-EB6B8DF0C778.jpg


更科と変りそばが看板メニューだが、

そばの産地が示されている“生粉打ち”も魅力

この日の素材は福井県産 大野在来とのことで

それもいただいてみたかった

B50BE3DE-C191-449C-AAC8-76FEEBD6F68E.jpg

D5D642CC-4269-4C62-A7C9-BF5327D3C455.jpg

#春らしく桜切りそば

posted by のむさん at 00:39| Comment(0) | 新橋・浜松町 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください