2018年11月09日

更科 矢来町店 @ 牛込神楽坂

かなり年季の入った庶民的な町そばの店内

プチプチと揚げる音が厨房から流れた後、

運ばれてきた“野菜天プラ”をツマミに

既成の小瓶で温められた燗酒をそば前にする

気分は“昭和にタイムスリップ”な更科そば店

AB30E2ED-C276-4CEA-9383-8FE668F247D1.jpg


牛込神楽坂でそば屋酒

実は別の蕎麦屋に向かおうとしていたのだが

その途中に煤けた外観の町そばが目に留まり

雨が降ってきたこともあって今日はこちらで

F3A1DF24-A042-4299-9AC8-1C474AA0C324.jpg


入店してみると親戚の方が来ている樣だが

ほかに客はなく、自分も客なのかどうか

一瞬見極めが入った感じで迎え入れられる

4E566BE1-6EE0-4BF2-B4C2-7DE275AB9E21.jpg


とりあえず日本酒をぬる燗でもらおうと

おかあさんに<日本酒・450円>を通す

7974F0A8-21AE-4F80-AC89-C8D5B223F6E1.jpg


上撰白鷹の180ml瓶がそのまま燗されて

お通しの“漬物”と共に供された

D71DD0E1-B618-4D86-8B6F-077AEAB56637.jpg

493C63F1-3583-4E58-990F-1AE820C8F89B.jpg


酒の肴にと注文は、<野菜天プラ・600円>

プチプチと揚げる音が響いて供されたのは

飾りっ気のない素朴な天ぷらの盛合せだ

9686B687-0D37-4F8B-9E46-A006EFA27D18.jpg


さつまいも、アスパラ、ナス、ミョウガ、

インゲン、シイタケ、ピーマンと

辛味大根を添えて天つゆに浸けて食せば、

その素朴な天ぷらがなかなかいいアテになる

188982E6-D356-47B6-836C-F5FDC662AA81.jpg

D8184FA4-E560-491D-83B5-622870494A6C.jpg


〆には、<もりそば・500円>を通した

A72A41DB-D7B3-42EE-8850-6D05F07AA48A.jpg


屋号どおりの白いそばは、やや太めで

蕎麦の風味はあまりないものの

ツルツルとした喉越しの一品だった

39DCC6B7-E51C-4559-978F-D2D2FB58722D.jpg

C4091DC4-0C6E-411B-A1DC-BE9D1BAE8B04.jpg


薬味の小皿には“長岡屋”の名入れがあって

牛込柳町の長岡屋だと思うのだけれど

どういう関係があるのかな

0A4D7C1D-45E3-4C86-9A01-FF4260F6162F.jpg

557D2725-488F-4F40-89A4-EB2AEE265477.jpg

#そば #そば前 #町そば

posted by のむさん at 08:41| Comment(0) | 水道橋・飯田橋・神楽坂 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください