2018年10月20日

かんだやぶそば @ 淡路町

★★★★★

女将の承り品の読み上げをBGMに

休日の昼から日本酒をぬる燗で一献

突き出しの“ねりみそ”にもう1品“鴨ロース”を

もらい、喉越しのいい“せいろう”で〆た

言わずと知れた江戸そばを代表する名蕎麦店

E7C64B78-A5AA-43D6-B959-11BD8C93442B.jpg


淡路町で休日ランチ

衝撃の火災での消失からの復活後、伺えて

いなかったこちらでそば前から愉しむことに

GWということもあり行列は多めだったが

大箱だから回転もよく、15分ほどでご案内

8AE43A8A-1F2A-4237-927F-735E4AA17747.png

E2C03E25-6EE1-4C50-B31B-5B2466C780A7.jpg

DA0B194D-5EF3-422C-BC86-969B5CE035FB.png


2人掛けのテーブル席を1人使いさせてもらい

<日本酒・1合770円>をぬる燗でお願いする

FA0B1961-2A3F-4BBD-BC35-C8F0BF9906A9.jpg


銘柄は江戸そばの老舗らしく“菊正宗 特選”だ

辛口でクリアな味わいがそば前にいい

42404CC0-7123-48E0-9B9D-814ECB46DC5B.jpg


酒とともに供されたの“ねりみそ”をつまみ

その素朴なマリアージュを愉しむ


もう1品そば前の肴に選んだのは、

<鴨ロース・670円>

B8DE52C2-06BD-4EC1-ACA0-5EE14651C46A.jpg


“独自のソースで煮込んだ”とある合鴨は、

味が沁みて噛む度に旨みが滲んで心地いい

3D9B2E1D-1333-4F59-96AE-0911451D44F6.jpg

3D0FA51C-7112-41FA-91BC-EEC5553E5084.jpg


最後に<せいろうそば・670円>を通せば

女将さんが「せいろういちまぁい」と

和歌の様に読み上げられるのも一興だ

6490E8A2-779F-475D-8697-B19A9FBB8B47.png


見事な手打ちのそばを軽く咀嚼したら

江戸そばらしく喉でも味わって癒された

E9AD8F05-FBCA-4C09-87B4-A787BDBB8244.jpg

1290C461-D823-4B1D-963A-156B67A118C5.jpg

B6006F92-0011-452D-AE80-B3AE8EC1937C.jpg


添えられた濃口の辛汁も自分好みだな

328621F4-ED29-4ECF-AFA5-ED0D4B9755EB.jpg


店自体は新しくなっても女将の読み上げや

花番さんたちのテキパキとした接客は健在

途中から読み上げを代わったのは若女将かな

4340494D-5124-4BE9-B83E-DD791CA12E07.png

また昼から一杯呑りに寄らせてもらおう


#そば前 #そば

posted by のむさん at 12:44| Comment(0) | 神田・秋葉原・御茶ノ水 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください