2018年07月23日

東白庵 かりべ @ 牛込神楽坂

★★★★☆

風味と喉越しのバランスが素晴らしい

自家製粉手打ちの蕎麦はやっぱり秀逸

蕎麦屋らしく焼味噌や玉子焼き、天ぷらを

肴にもらって蕎麦前の日本酒から楽しんだ

雰囲気のいいシックな店内で食す名蕎麦店

55CAF9A3-B14A-4177-86A0-665B1E291F44.jpg

32D13EA3-1358-4032-8A3A-5A07DBA9DB52.jpg


飯田橋で仕事仲間と一献

そうだ、蕎麦屋で呑もうと名店、蕎楽亭の

待ち客の溜まりを横目に見ながら

近くにあるお気に入りのこちらのお店へ

26FEB05E-EE1C-42AB-9792-C6A7EC59204B.jpg

B0E5273B-F7F7-4887-9857-22D41B081802.jpg


予約もしてなくてダメ元だったが

次の予約客までの1時間だったらという条件で

ラッキーにも入店でき、とりあえずは

<アサヒ熟撰 生ビール・600円>で喉を潤す

BF7EE54F-910A-42D7-A147-60048AB3073D.jpg

2FBA195F-ECAC-4AC4-8E11-C4467BEF2942.jpg


和紙に手書きのメニューから蕎麦前の肴に

<野菜の天ぷら・800円>と

<焼味噌・600円>を通す

74948594-E52A-4057-8BEA-E92D9BF740C5.jpg

6DE51A5B-86BC-460B-9B11-AFAF3CE2E588.jpg


塩でいただく軽い食感の衣の天ぷらも

ネギと味噌の焦げた風味がいい焼味噌も

なんとも味わい深さのある一品だ

71089991-718B-4D34-875F-5678EDAE3087.jpg


酒はもちろん日本酒へ

蕎麦前にはキリッとした酒がいいなと

<八海山 本醸造 五百万石・900円>を2

DEFE28DE-AA5A-4419-B3ED-16613A13D1DD.jpg

焼味噌や天ぷらと合わない訳がない


<ホワイトアスパラの煮浸し・600円>と

<玉子焼・600円>2人前も追加して

充実した時を過ごしてたが、

今回は時間に限りがあるのでそろそろ蕎麦へ

9DBC8A2B-639B-46F1-B606-DAA217F2647D.jpg

A7D3FF87-D865-4211-AC77-F1F97DA49A91.jpg


最後に2人共<せいろそば・1,000円>を通す

001F041E-C92D-40B6-84AB-2E0EEA30B115.jpg


取っ手(?)の付いた木の枠のせいろで

供された手打ち蕎麦は水切りも具合がいい

A0F440CB-2869-476C-8D57-93F37EDD04BE.jpg

CC666801-EA72-4DD1-8034-C20C6EE5E9BC.jpg


鼻を近づければやさしい蕎麦の香に癒される

BEADB5EF-0B69-43C0-BEB4-97AA502A9630.jpg


コシのある蕎麦を数本摘んでそのまま

口へ運ぶとその香りがまた豊かに感じられ、

軽く咀嚼すると自然な甘みが滲む

496FD49A-DAC3-493B-B7B9-236847153300.jpg

喉越しも良くてなんともバランスのいい

打ち手のセンスが光る秀逸な蕎麦だ


こちらは何度か訪問しているが

夜に蕎麦前からいただいたのは実は初めて

でも今回は時間制限ありだったので

次は蕎麦好き仲間と予約して再訪しよう

9B85BD2C-A430-498F-9AFE-6ED0B23F4033.jpg

F2A0B1A1-4B91-476F-A9D4-72301AA92591.jpg

#そば #そば前

posted by のむさん at 06:16| Comment(0) | 水道橋・飯田橋・神楽坂 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください