2017年09月13日

仁べえ @ 富岡(群馬)

★★★★★

自分史上トップクラスに好みな逸品蕎麦

見事な極細打ちのコシの強い蕎麦は、

まろやかでやさしい香りと喉越しが秀逸

ミシュランの星も獲得した石井仁氏が

富岡製糸場の近くに開いた実力派蕎麦店

EEFA5E6A-759A-4DEC-AE46-E1995CAD0B64.jpg


上州富岡で蕎麦ランチ

遅めの夏休みは蕎麦の名店巡りということで

1日目 戸隠「うずら家」、2日目 小布施

「せきざわ」とそれぞれの蕎麦を堪能

そして3日目に伺ったのが富岡のこちら

0F5DEB7A-D5EC-4F3B-8643-EC160DD5A97C.jpg

神田「いし井」、修善寺「朴念仁」、銀座

「古拙」、日本橋「仁行」と蕎麦の名店を

展開し、ミシュランの星も獲得した名人

石井仁氏が昨年(2016年)に開いたお店だ

この店の情報を耳にしてやっと訪問できた


カウンターとテーブルのこじんまりとした

清潔感のある店内。土曜の12時過ぎに到着し

家族3人でテーブル席へついた

念願の石井さんの打った蕎麦が食べられる

4E3A0991-E818-4455-AEF1-A45EE71A1084.jpg

デフォの<もりそば>は食べたいが

特製の胡麻と落花生のつけ汁で味わう

店名を冠した<仁べえそば>も気になる


そこに店員さんから、仁べえそばのつけ汁と

定番のもり汁を半分ずつ付けてくれると

嬉しい提案があり、ありがたくお願いして

<仁べえそば・1,200円>を注文した

579872B5-1595-4F9A-839F-4A5E12415896.jpg


供されたもりそばは、行き届いた水回しで

コシもある、見事すぎる極細打ち

見ただけで打ち手のレベルの高さがわかる

白木の枠のせいろも精錬な蕎麦にぴったりだ

D7D8053F-7A13-4152-A4DE-F65E45674099.jpg


長さも担保された蕎麦をすすりあげれば、

強くはないが、フレッシュで品のある

まろやかな香りが口腔から鼻へ抜けていく

2DCA1DA2-C48B-4DD0-9E2D-6C93D776763F.jpg

軽く噛んでやさしい風味を感じ、喉に通す

蕎麦は喉で味わうというが、その喉越しも

心地よく、風味とのバランスが抜群だ


鰹出汁に酸味を感じるカエシ強めのもり汁は

それ自体の個性は強くないが、辛味大根、

山葵とともに蕎麦のおいしさを引き立てる

29557A07-14B1-43D5-BC70-90DA2C52ABC3.jpg

一方、“仁べえそば”の胡麻とピーナッツの

コクのある特製つけ汁も楽し

蕎麦を手繰りつけ汁に浸してすすりあげれば

素材の豊かな旨みに嬉しくなる


蕎麦湯にもホッと癒されてごちそうさま

素晴らしい蕎麦を堪能した3日間の家族旅行

中でもこちらの蕎麦がいちばん好みだった

さて、サブの目的にはなるが、

世界遺産の富岡製糸場を見学しに行こう

4D9AFC1A-56BF-4FCB-B19A-5F3CF891891C.jpg

帰り際、花番さんと話をしたら学芸大学駅に

石井さんのお弟子さんが昨年開いたお店が

あるとの情報をいただいた

早速、足を運んでみよう

posted by のむさん at 05:36| Comment(0) | 群馬県 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください