2017年07月10日

蕎麦処 グレゴリー @ 溜池山王

★★★☆☆

“生パクチー”の青い香りを立ち上がらせ

ちょっと亜流な気分で蕎麦をすする

そば自体は普通だと思うが、まろやかな

食感の“アボカド天”も蕎麦によく合う

ニューウェイヴなインパクトを狙った蕎麦処

A10AD473-FCBC-43C7-8C83-C7FA6402146C.jpg


溜池山王ランチ

遅めの孤独のランチをこの辺りでとブラッと

溜池山王の交差点の角に目立つ大きな暖簾が

目に入り、近寄ってみれば蕎麦屋の様だ

3AB4807F-A405-4219-AA50-F103FB30FA32.jpg


それも店先の品書きの先頭には、

なんと“生パクチー蕎麦”なる文字が

その横の“アボカド天蕎麦”も気になるぞ

これは食べてみたいとここに決め

54E9B7EE-16B0-4595-A369-4F39627661FE.jpg


“生パクチー”も“アボカド天”も捨てがたいと

どっち付かずに券売機で選んだのは

<冷アボカド天蕎麦・760円>に

<生パクチー・200円>トッピングで960

食券を店員に渡してカウンター席へ

DCC87A03-566E-47A4-ADCD-A209CD16B8B3.jpg

A8787C76-9F35-4E61-A0BE-69B9BB9B4D2A.jpg

因みに“生パクチー蕎麦”は780円で

トッピングの“アボカド天”は280

合わせて1,060円だから正解なのでは?

アボカド天のトッピングが多いのかな?


陶器の平皿のぶっかけスタイルの冷蕎麦に

アボカド天が3つあとはネギとワサビが

添えられたのが“冷アボカド天蕎麦”

トッピングの“生パクチー”は別皿で供された

FD47FA64-549B-43FB-9382-BAA7874CFFF0.jpg


蕎麦を手繰って口へ運ぶとコシは強めだが

風味は強くなく甘汁の風味で食べるタイプ

まろやか食感の“アボカド天”が意外に合う

3EEADC73-BBBB-4709-AE75-DCAC7E17E8C1.jpg

6B6837BA-6D4A-43D8-A538-137F6E7D1378.jpg


これは迷うことなく“生パクチー”を投入

パクチーの青い香りが立ち上がる

ここからは生パクチーの本領発揮

その香りが主体となって蕎麦を彩った

14D1D700-52CC-415F-BF5D-EAD6F0C49EDE.jpg


パクチー好きとしてはこれはこれでありだし

パクチー買ってくれば家でも作れるな

35E59BE0-AF3E-4556-876B-2545E35E3D36.jpg

ニューコンセプトな店を狙ってるのだろう

清潔感のある店内に客は女子ばかりかと

思いきや、遅めの時間だからだろう

振り返った店内は男のひとり客ばかりだった

posted by のむさん at 07:25| Comment(0) | 赤坂・永田町・虎ノ門 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください