2017年05月07日

市川一茶庵 @ 本八幡

★★★★☆

休日の昼下がりに古民家そば屋でビール。

お庭のツツジの花を眺めながらせいろへ。

香りはひかえめ、やさしい甘みのそばに

風味のいいワサビをのせ、手繰って味わう。

情緒豊かな古民家でしっとり愉しむそば処。

4BBB0ACA-27A6-4014-A1DC-91A3D71E099C.jpg


本八幡でそばランチ。

一度訪問するも早仕舞いでフラれたこちらを

再訪。相田みつをが足繁く通ったと言われる

足利一茶庵の流れを汲む暖簾分けの名店だ。

746A4531-698E-496E-B6B5-F202EC519345.jpg


駅からすぐの一角にこの古民家そば屋はある。

引戸を開けて靴を下駄箱へしまって座敷へ。

ツツジが咲く庭が見える座卓へ通された。

72E96078-4F11-4E1F-9654-E1C15B930CA9.jpg

これはまずビールをもらおう。


いくつかある銘柄のビールから選んだのは

<ハートランド(小瓶)・470円>。

D6DA13C9-8DF0-45F7-965B-72878EABE617.jpg

このビールの力強い麦芽の風味が好きだ。


ビールには、そばチップと漬物が添えられ

“せいろ”が供されるまでそれをツマミに

休日の昼のビールをひとりかたむける。

5BF40027-1231-4DD0-8C28-C5CF16645052.jpg

4AE60E0A-475F-4AA3-A787-49C26B3BEF2D.jpg


そして、<おせいろ・840円>が供された。

7E22CCD1-1999-493C-A62D-A93E9E580CA8.jpg


まずはそばだけで。コシの強い細打ちで

香りはひかえめだが、そばのやさしく上品な

甘みを実感できる。

水切り具合も丁度よく、喉越しも上々。

12743F98-1CF7-4B19-905A-278D2C49C33A.jpg

鰹出汁がしっかり効いた濃口の辛汁は好み。

薬味のワサビが風味がよくて、ワサビを

のせたそばの端を辛汁に浸けてズッとやる。

この食べ方がいちばん愉しめた。


そば湯が供されるタイミングも絶妙。

庭を眺めながらホッとそば湯で気持ちを癒す。

1F623B4A-AA04-491F-8670-6D6F4275067F.jpg

F73F2AC3-8003-47D3-B297-C9AAAAD5D2D8.jpg


同じ足利一茶庵の流れを汲む九段一茶庵は

残念ながら昨年閉店してしまった。

もしかして都内では、一茶庵の名を継ぐ

暖簾に分け店はなくなってしまったのかな。

鎌倉一茶庵や足利の本店にも一度訪問したい。

2C87BCAC-11F0-4AF5-8CAD-D40C3C300E4B.jpg

D9841E43-B064-41FE-BA16-EEA049D09C61.jpg

ADDDBEC9-BDB8-42E0-8BC6-CCE058E1F647.jpg

posted by のむさん at 13:09| Comment(0) | 千葉県 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください