2019年11月02日

大坂屋 砂場 虎ノ門 @ 虎ノ門

★★★★☆

威風堂々としたその外観は、由緒を感じさせ

また江戸蕎麦の歴史の一端を語っている

更科粉で打った蕎麦は、すこぶる喉越しよく

添えた白海老のかき揚げ天もそば前に合う

江戸蕎麦御三家砂場の流れを汲む名蕎麦処

7D7E88E2-D7BE-483E-8F7A-B21A279DE88A.jpg


虎ノ門ランチ

かなり久々に由緒正しき蕎麦処を再訪

初めて訪問したのは、10年以上前だったか

A81AE112-B4B7-42A3-9B23-DE767F2E3BCA.jpg


満席で少し待った後に席に案内され、

品の良さそうな年輩のご婦人とご相席

06750FAF-6F06-4A9C-BAC6-C10BBBA62060.png


日本酒をそば前にちょっとだけと注文は、

<〆張鶴 純(純米吟醸)・790円>を燗で

4277AFE7-8ED9-4AAB-B689-83692BA6A1E8.jpg


お通しの昆布煮をアテに

旨みが膨らむ辛口の酒をチビチビと愉しむ

DABB1C63-0E0F-44BA-9548-76BC5A5E3494.jpg


添えられた天ぷらを酒の肴にしようと

<白海老天せいろ・1,790円>を通す

天ぷらだけ先出しできるか訊いたがNG

C3357E5A-1BB0-4039-9EBF-66F652405E8C.jpg


ツヤのいい白い蕎麦は、コシの強さが絶妙で

江戸蕎麦らしく爽やかな喉越し

E2EB7D0D-6887-4E5C-9133-4FAB9E540113.jpg

A2E3FDE1-7663-4F3A-ACC7-8BEE5BE9C3FA.jpg

3105F94D-1468-478E-B15A-8E9BB57726D2.jpg

2C670D40-16AB-4E48-9ADA-5793E617C1EC.jpg

まろやかに鰹節の出汁が効いた辛汁や

丁寧につくられた薬味も蕎麦との相性がいい

江戸時代からの蕎麦の歴史を勝手に感じる


サクッと軽やかに揚がったボリューミーな

白海老のかき揚げは、白海老のほかに

玉ねぎや小魚も具になっている

73E19623-77FF-4C76-B2CE-5016154F2379.jpg

キレイに食べるのに少し苦労はするものの

蕎麦に合わせても品の良さがある


店内の客層を観察すると

男女問わず蕎麦好きそうな一人客、

そば前を酌み交わす年輩の二人客が多く、

老舗の空気に浸りながら食を愉しんでた

EE84C591-8185-4127-91B6-E1EE302D5CB5.jpg

F35BB76E-4096-44A0-B309-9DD10E4C2869.jpg

4270CE99-1635-4D7B-B70B-10BE2CCEFA11.jpg

#オフィス街の狭間で江戸蕎麦の歴史を感じる

posted by のむさん at 06:09| Comment(0) | 新橋・浜松町 | 更新情報をチェックする

南天 本店 @ 椎名町

★★★★☆

今年の初そばはテクテク歩いた立食い店

名物の肉そばをダブルでもらって

空腹に掻き込めばモッチリとした麺もいいし

出汁の効いた濃すぎない汁がやっぱり秀逸

肉そばが評判の立食いそばの名店

E8937489-B2C9-4BE9-B829-F845239FDA86.png


椎名町ランチ

フラッと出かけた新年の日曜日

そうだ、あそこの肉そばを久々に啜ろう

思い立って自宅から2駅歩いて目的地に到着

CB8488F5-829C-4CBD-8166-26429C588A33.jpg

FF271E2F-0680-499F-830E-BA14117ED0C1.jpg


新年初週の日曜日の15時過ぎに他に客はなく

カウンターに立って注文したのは、

名物の<肉そばダブル・510円>

A7067F82-AB61-4C0A-B8C9-60362ED31B10.jpg

俺は福の神なのか、誰もいなかった店は

注文品が供される前に次々客がやって来た


麺が見えないほどにたっぷり盛られた豚肉に

ネギがのせられた一杯が供される

CF5269D4-AB31-4D15-831F-CCE3BC3751B3.jpg

丼を持って汁をすすると出汁が効いて旨い


モチっとした中太麺にたっぷり盛られた肉を

一緒に絡めてジャンキーに食らう

3094F34B-A7DB-4C1A-94A4-11543F797978.jpg

この食べ方が自分的には一番合ってるな


途中、七味を振りながら麺も肉も

もちろんネギも食べ切った後は、

ついつい後を引く汁も飲み切ってご馳走さま

39F8E978-5391-4BBA-AFAA-76784B1A6076.jpg


ホント久々に訪問したお店だが

大衆的なそばの味わいを相変わらず

感じさせてくれた

A9CDEB74-4A7D-4127-A699-9E9A8C08B55C.jpg

#肉そばの名店

#立食いそば #そば #肉そば

posted by のむさん at 05:49| Comment(0) | 練馬・江古田・田無 | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

音威子府TOKYO @ 四谷三丁目

★★★★☆

音威子府は、おといねっぷと読む

北海道の旭川と稚内の間にある村の名前だ

挽きぐるみで打った真っ黒な蕎麦は、

意外とツルツルと喉越しがよく味わい深し

稀少な音威子府そばを東京で手繰れる新店

1944B712-C580-4BC4-A6C5-D485497BA2D1.jpg


四谷三丁目ランチ

音威子府そばを東京で食べられる店が

今月(201910月)オープンしたとの情報を

Twitterで知り、平日休みに狙い澄まして訪問

949872A2-83BD-497E-8EC5-F7EBDD4140CB.jpg


間口の狭い店は、変形のL字カウンターと

小上がりに4人掛け2卓の構成

カウンターの奥の席を選んで腰をおろす

F2860F55-14E9-4BDC-8701-0AB83F4B8A23.jpg


蕎麦は、があり、

が北海道産 音威子府そば

が信州産の更科そば

それぞれにざる温・冷たぬき、あとは

天ぷらと炊き込みご飯の付くセットがある

42C35B8D-8BA1-4FCA-B705-6DC4E15BC3AD.jpg


もちろん目的の音威子府そばを選び、

<ざる蕎麦・880円(税抜)>を注文

お店の方は、フレンドリーな接客で

音威子府そばに関して軽く会話した

178DC292-D41B-4398-8D1B-C0B8A81C7764.jpg


オープンしたばかりだからか

サービスで自家製ぬか漬け

かぼちゃの煮物、さらに

炊き込みご飯も供された

4F342D95-808B-4AF5-A893-B337E2972A62.jpg


よくやさしい味が沁みた炊き込みご飯旨し

5F3E7ED4-E45D-42D8-B78A-983CB466211E.jpg


そして黒いざる蕎麦が供される

これが、日本一旨い駅そばとして名を聞く

音威子府そば

2AC8F444-2215-4368-B12E-BEDD0CF4B3ED.jpg

451B6922-C418-4F22-A98A-B8BBC0290EC3.jpg


そのまま麺を手繰って啜れば、

コシの強い蕎麦は、思いの外、

滑らかな舌あたりでやわらかな香りがある

CA68B89C-6B0F-47CE-AE04-4C73E8411269.jpg

0F9DFBDF-7C35-43C4-A442-D261CAA77716.jpg

ツルツルとした喉越しもすこぶるいい


甘みのあるつけ汁はこの蕎麦とよく合ってる

そして、5種添えられる薬味がまた面白い

408C3440-F7C5-45E2-B2A8-E93021D73F7C.jpg


ワサビ、ネギ以外に青菜、胡瓜と人参、

レモンピールが添えられた大根おろしだが、

野菜を添えて食べてみると

そのマッチングの良さにちょっと驚いた

9D3834DE-7DBA-4880-9929-70A73457E1EB.jpg


そば湯をほっこりいただいてごちそうさま

43C4A524-F22D-4EA5-8942-D04BF6BD5DCE.jpg

E350ED20-7227-4117-B57D-23031A2BC647.jpg


新そばの実を常陸秋そばの身と比較して

見せてもらうと音威子府そばは、

蕎麦の実から黒く、そして粒が大きい

おいしくて興味深い蕎麦体験だった

D5C5664B-4447-4D3C-8200-1E180EBC6CC3.jpg

#音威子府そば

#音威子府そば

posted by のむさん at 16:22| Comment(0) | 新宿 | 更新情報をチェックする