2019年06月02日

あめこや(AMECOYA) @ 豪徳寺

★★★★☆

そば前にはキリッとした辛口の酒に

“牡蠣の塩辛とマスカルポーネ”をもらえば

ふたつの素材の融合は絶妙な酒のアテになる

富山産を打った外一蕎麦も風味豊かでみごと

センス溢れる酒と酒肴から楽しめる蕎麦処

38B02F1B-6261-4A8C-BF46-2AB06D2D016D.jpg


豪徳寺ランチ

所用で目的地へ向かう途中、ランチに

蕎麦でも食べようと行ってみたかった店を

目指して途中下車した

858116AB-52B8-4F8F-9E6D-BD18AC0E1A58.jpg

アンティークなカフェの様な外観だ


カウンター席の奥へひとり腰をおろし

メニューを眺め、とりあえずそば前からと

“燗あがりする酒”とメニューに書かれた

<月山 純米・700円>をぬる燗でもらう

42CD6932-C141-4729-A5BF-39245BC95661.jpg

22563884-79B9-4C73-A5A3-D344F045CD80.jpg

4104A3D4-7645-4AB9-8E65-F16BF5337C58.jpg


サッパリと涼やかな“加賀太きゅうり”に

やさしい甘みの“塩トウモロコシ”、

魚介の風味も含んだ“南瓜のゼリー寄せ”と

スッキリとした飲み口の辛口の酒と共に

突やさしい食味の野菜の突き出しが供された

134E8846-D3EF-4C36-AA6E-16370C4E57EE.jpg


そば前の酒のアテにともう1品お願いしたのが

<牡蠣の塩辛とマスカルポーネ・580円>

C94D5068-4E94-4F74-8770-BE7FDA7DC765.jpg


酒好きが好む塩っぱさがあり、濃厚な牡蠣と

マスカルポーネの風味が喧嘩せずに融合する

D057ED29-CCDD-45EB-9A93-318DBC1EBEAD.jpg


<もりそば・840円>を〆にもらう

ABD5B72C-B330-4CB5-9B68-9AD436D65AE6.jpg


コシのあるみごとな細打ちの蕎麦は、

富山十割に外一割とのことで風味豊かで

甘みがあり、喉ごしも申し分ない

411641CE-8C9E-49A2-A078-BA6EBF8E095D.jpg

BF19D7BA-36EE-4170-AF24-CFED596D12FC.jpg


トロッとした辛汁に合わせたタイプの

そば湯をホッコリいただきごちそうさま

34A95F01-613E-4D4D-9858-45F203452871.jpg

48E2CD79-DC0D-43C1-ABB8-97D69571CF46.jpg


揃えのいい酒やセンスフルな酒肴から

またゆっくり味わいに来たくなるいい店だった

012AC364-3206-4565-8714-263235BB2267.jpg

#そば #そば前 #日本酒 #ランチ

posted by のむさん at 09:56| Comment(0) | 成城学園前 ・ 経堂 | 更新情報をチェックする