2018年07月17日

中清 吉祥寺 @ 吉祥寺

★★★★☆

そば前に選んだのは、東京の銘酒“屋守”

それに蕎麦屋らしく“そば味噌”をアテる

粗挽きの生粉打ち蕎麦を〆に手繰れば

その自然なやさしい香りと甘みに癒された

こだわりの蕎麦と和酒を楽しむ老舗蕎麦店

3410F23D-6D1D-441E-92A8-30DD41747345.jpg


吉祥寺ランチ

所用で訪れた週末の吉祥寺、そういえば

この街に行ってみたい蕎麦屋があったなと

テクテク十数分歩いて目的地に到着

166DA7C1-DA3C-487B-8887-9DB680C02F7F.jpg


ちょっぴりレトロチックにいくつもの電球が

灯る店内に先客は女性2人客のみ

彼女たちも昼から一杯呑ってるので

仕方がない、自分も蕎麦前からはじめよう

0134C08B-8A4B-4EC1-9B78-79AB5606993A.png


女将に日本酒のメニューを所望すると

手元用のメニューはなく、銘柄が書かれて

連貼りされた中から選ぶとのこと

11951073-0D21-4A93-9488-0310D0E2CF8F.jpg

D7B7293F-3F71-40CC-97CE-B0F3D8E97726.jpg


なんとなくちょっと目立って貼られた酒

<屋守 純米吟醸・1 780円>をもらう

8DCFDEC1-104C-4F04-8772-D58D5B78FA99.jpg


先付に“ブロッコリーとマカロニのサラダ”が

添えられて供された“おくのかみ”は、

フレッシュな香りと甘みがキレイにキレる

903447A3-F649-41AE-80CA-4D717DCD086A.jpg

81FF2215-5BCE-4853-90CE-8B0A20853C52.jpg


蕎麦前のアテに一緒に注文したのは、

<そば味噌・370円>

037D8B18-E99F-4AFD-961A-D4D993A24A1B.jpg

そば味噌自体をチョコっと摘むのもいいが、

胡瓜が添えられてモロキュー的にも味わえる


さてそろそろ真打の蕎麦をいただこう

蕎麦のメニューも豊富だが、“もりそば”だな

<生粉打ち・900円>を粗挽きで注文

D816D8A8-EF2E-422D-96F8-53DBB47FC842.jpg


薬味は、別皿でネギ、山葵、塩が添えられた

丁寧に摺られた山葵にもこだわりを感じる

5A6DC885-1AC0-4404-939D-7E752E899012.jpg


この日は、茨城県の内陸寄りのまち筑西市産

粗挽きで星が残る常陸秋そばの十割蕎麦は

自然なやさしい香りもいいが甘みが豊か

7FC4FE45-CC94-4F80-8552-1203250C8A42.jpg

55256E4E-4967-4CA0-A8C7-0D3C3D64F110.jpg


お勘定ほ、2,000円ちょっとだったかな

心地よく週末そばランチできた

E3EDAB95-B665-4493-8BD1-D8B6619D73CF.jpg

12FEB291-F85D-448E-B4AD-3DBBAE3CC36D.jpg

#そば #そば前 #ランチ

posted by のむさん at 07:37| Comment(0) | 中野・吉祥寺・三鷹 | 更新情報をチェックする