2018年01月23日

手打ちそば 萬月 @ 豊島園

★★★★☆

セピアな空気が漂う店内で蕎麦を食す

この日の素材は、“白神そば”とのことで

細打ちながらコシの強い蕎麦が纏った

キタワセらしい瑞々しい香りが心地いい

昭和レトロな骨董品に囲まれて愉しむ蕎麦処

86FBD31A-3511-492F-B3B3-EFE9F45E6C8C.jpg


豊島園で家族蕎麦

家族で正月映画を楽しんだ後、映画館近くの

こちらで蕎麦でも食べて帰ることにした

29E10D77-E73B-4912-BFC0-51065AA36ED5.jpg


テレビやレジスター、テーブルの素材など

レトロ感に溢れた“モノ”に包まれた店内だ

984F1055-35CA-404E-8A61-0B983DD9A709.png

98A717C3-0400-41DF-A88A-4D73A8FB9DFB.jpg


自分が温かみのある文字で書かれた

メニューから選んだのは、

<胡麻だれせいろ・880円>

CC4006CC-A936-435D-A673-2C24CC35CE2A.jpg

因みにデフォの“せいろ”は、750円の設定


まずはそのまま蕎麦だけを口へ含む

408FF609-2D89-47F7-AB0F-35EDA0AFB800.jpg

0E848896-130C-4DD5-B9C2-D18AE39F22CE.jpg


細打ちの蕎麦はコシが強く、若々しい香り

長さは短めで切れ端も目立つが食味もいい

産地は、白神山地あたりとのこと

6042E9BD-6B48-4292-B404-7F7F499DE9DC.jpg


薬味は、辛味大根、わさび、青ネギ

813C5EF4-A8B1-48AA-9636-42E4E69C7BD5.jpg


蕎麦と一緒に摘んでかなり好みな

コクのある風味の“胡麻だれ”で味わった

8565F19E-D3BA-460E-9FFC-4D501F2D1CF8.jpg


蕎麦を食べ切った後は、蕎麦湯で溶いて

余韻を味わうのにもこの胡麻だれはいい

息子が注文したの“せいろ”の辛汁を

少しもらうとみりんの甘みを感じた

8C1578D1-68F6-4CE8-A320-D46A08462B20.jpg


女房は、温かい蕎麦をということで注文した

<揚げもちそば・1,000円>も

ゆずの香りのある甘汁でおいしかったらしい

1B41C95F-5076-48AB-AB3E-42B43E92EFC7.jpg

6284F849-8739-41C8-940D-F3D26E5111E7.jpg


我が家は映画といえば豊島園なので

また映画鑑賞の時に再訪したいし、

日本酒のラインナップも魅力的だったので

蕎麦前目的にひとりでも立ち寄りたいな

26A9C623-9B69-4CB9-8A2F-A0213838121D.jpg

1FFE0046-7882-4533-BEA5-0DEBBA408095.jpg

#そば

posted by のむさん at 00:17| Comment(0) | 練馬・江古田・田無 | 更新情報をチェックする