2018年01月07日

九頭龍蕎麦 @ 飯田橋

★★★★☆

大根おろしがたっぷり入った汁を注ぐ

冷ぶっかけスタイルの“越前おろしそば”は、

ピリ辛でサッパリとした口あたり

蕎麦を前座にソースカツ丼を掻き込んだ

蕎麦処福井の郷土料理を楽しむ蕎麦割烹

F8D1B6A6-748B-4690-B39E-07D04E6EE99D.jpg


飯田橋ランチ

ランチがコスパいいと耳にしていたが

なかなか訪問機会がなかったこちらへ

91968F09-D7E0-431E-9F13-C8BAE3DC114A.jpg

同僚とふたりで初訪問

到着すると10人くらいの開店を待つ列が


テーブル席に腰をおろして“お昼献立”から

<お蕎麦と丼のセット・890円>を注文

38FD0DA1-407C-4B60-B6A4-DE5C98BCE93C.jpg

蕎麦は、(冷)越前おろしそば、

(冷)ざるそば、(温)かけそばの3つから

丼は、ソースカツ丼、玉子餡かけ丼、

カレー丼の3つからそれぞれ選ぶセット


選んだのはお店が推している福井の郷土料理

“越前おろしそば”と“ソースカツ丼”の組合せ

24052D2F-A372-4F50-9DBE-C83EF9F2D99E.jpg


大根おろしがたっぷり入った汁を蕎麦に

かけて“越前おろしそば”からいただく

DF9CE311-FA95-4038-A8F4-958503928576.jpg

579BF43C-3636-4735-9588-2B4E45E39198.jpg


おろしのピリ辛な味で蕎麦自体の風味は

わからないが、サッパリとしておいしい

蕎麦はもちろん福井県産とのこと

3BA0EDE1-7426-4D85-B619-10775A6DA538.jpg

8A6BEF0C-5649-4084-A128-5043B582DCAA.jpg


ソースダレに浸けられたカツが3枚、白米に

のせられたソースカツ丼は濃厚な味付け

薄めのカツの濃い風味と白米の風味を

交互に口に運んで中和しながら腹を満たした

37835349-30FE-4831-940E-B0A7AE61D9B2.jpg

72D604F0-0E1D-4D97-B661-296A858294D8.jpg


最後におろし入りの汁に蕎麦湯を足して飲む

これがすごくマッチングよくておいしかった

7C12E299-C9EC-43FF-B2A8-56E4AA3F2E38.jpg

069FBCBA-3CC5-458F-8F2B-545BB17D1516.jpg

5B682C0B-0856-49D4-98CF-C33C2CFD9A3C.jpg


隣の客が注文の“舞茸天おろしそば”の方が

蕎麦を楽しめそうだから、次回は

ソースカツ丼なしで蕎麦中心に食べてみよう

3D4AC6C2-12EA-4EE5-B1FD-C1236EA94197.jpg

78E7BB33-7308-4ABC-9AE3-7E3E522B4FB5.jpg

#そば #ソースカツ丼

posted by のむさん at 09:19| Comment(0) | 水道橋・飯田橋・神楽坂 | 更新情報をチェックする

さらしな総本店 中野北口店 @ 中野

★★★☆☆

透き通る様な美白の更科粉で打った蕎麦は、

ツルッとのどごしよく品のある味わい

今回は、二八、さらしな、田舎盛り合わせの

“三色そば”を通して食べ比べを楽しんだ

昭和23年開業のそば研究家が始めたそば処

8467C2CE-BA33-42B4-9A78-BB52E19A6712.jpg


中野ランチ

家族でそばでも手繰ろうと“さらしな”を

名にするこちらのそば店を初訪問

そば研究家が新宿で始めた支店らしい

同じ中野駅の南口にも支店がある

5AEBBC95-2A2E-45AE-8651-CE9D6BC0C9DB.jpg


そば前は女房に止められて選んだのは、

<三色そば・960円>

92E18BE2-5073-4C90-976B-8526AEAF73BD.jpg

E8594283-CCA9-4DD3-ADEF-6EEBA69C7765.jpg


本来は、二八、さらしな、季節そばだが

季節そばが品切れとのことで

二八、さらしな、田舎の三色になった

705C1173-339F-4F47-B509-BDF7FE067C38.jpg


3つに仕切られた細長い蕎麦せいろで

ネギ、山葵、辛味大根を薬味に供される

A30BE2EA-1018-480D-A803-3E5208C161E8.jpg


挽きぐるみで打たれた生粉打ちの“田舎”は、

蕎麦の香り高く甘みがあり

ザラッとした舌触りもそれらしい

二八に関しては比べてみると中庸な感じか

C2D30C99-03DB-4594-85B9-DDDD7BD37A30.jpg

26EB2711-CBF5-496A-AE08-FFB1E053E58C.jpg

C15E36DE-48BD-4B8F-A0F3-4B75C4CE2690.jpg


店名通りになるが、一番気に入ったのは

透き通る様な白さの“さらしな”蕎麦

いにしえの時代に“御膳蕎麦”と呼ばれた

上品な蕎麦は、喉越しがすこぶるいい

A1673C68-F8FA-470B-A410-634FCA785BB9.jpg

FD966ADC-2A7D-45F8-A618-4B7D94EF35F3.jpg


さらしなに一番合う辛汁もだしの風味よく

薬味を駆使しながら食べ比べを楽しめた

4282404D-275B-41E9-AC83-F5806A2EB296.jpg

9B5C2605-66E6-4BE7-941F-12853805DEFC.jpg


ポットで供されるそば湯は風情ないが

辛汁とのマッチングは悪くなかった

BF0A41FE-5197-4C0F-8E90-12753BFB64BB.jpg

4B8B50C5-62DD-444A-AA08-7B4F2CD98290.jpg


#そば #更科

posted by のむさん at 08:53| Comment(0) | 中野・吉祥寺・三鷹 | 更新情報をチェックする