2017年10月29日

吟八亭 やざ和 @ 亀有

★★★★★

初夏というには暑すぎるこの日の昼食、

ハイレベルな手打ち蕎麦を食べさせる店で

“ゆばさし”をアテに“生ビール”ではじめる

“田舎そば”を食すとその味わいは好み過ぎた

レベルの高い手打ちそばがいただける名店

8791D6B7-E336-4EAE-AA11-43AFCA54B35C.jpg


亀有で蕎麦ランチ

諸用で久々に訪れたこちらの駅

暑過ぎてビールとそばをいただきたい気分

この街で“蕎麦”といったらこちらの名店だ

駅から10分ほど歩いて自身2度目の訪問

957529FC-744E-48AB-ABB7-CE8F1E1C7F18.jpg


オードリー・ヘップバーン主演の名作

『ローマの休日』に登場する“真実の口”が

なぜか1階の車庫にあるのがこの店の目印

ちょとしたフォトスポットだね

316BA978-E160-4571-A14D-235CA64DDDD4.jpg


2階の店内へ入り、相席を了承し小上がりへ

蕎麦前に<生ビール・700円>にありつき、

<ゆばさし・650円>をアテに注文した

ビールの銘柄は“エビス”

1A5FA0F7-7BCE-425E-834D-B0C75DBEB4F9.jpg

暑い昼下がりの喉をコクのある風味で癒す


わさびを添えて醤油でいただく“ゆばさし”も

なめらかな食感とやさしい風味が心地いい

67FBA9FC-8633-456B-AE58-B16712AD712D.jpg


酒類をたのむと突き出しに蕎麦菓子が

無料で添えられる

475F2255-F346-43C8-8172-50CCF8DB2776.jpg


後出しでお願いしておいたのは、

20食限定の<田舎そば・1,000円>

55DF8C50-EA9D-423F-92F1-C44BA9549FAD.jpg

7D1847F6-32F7-4BB6-9E5A-77368C7C7364.jpg


手挽きでそば殻の星がある細打ち蕎麦は

まろやかな蕎麦の香りが豊か

粗挽きな蕎麦らしい舌ざわりも好みだ

F1A6F378-3741-4F0F-94DC-B9F481A2BFBE.jpg


薬味は辛味大根とネギでワサビはない

薬味を添えて甘めのつけ汁を足して

食すのもいいが、テーブルに置かれた

塩でいただくと蕎麦の甘みが一層引き立つ

7404D1D2-20FB-4394-9A3B-CF7D73C9250A.jpg

0C46AA0C-5E4F-45A5-ABC4-1D45A407C157.jpg


店主に蕎麦の産地を訊いてみると

福島県山都産とのこと。在来種かな

素材にもこだわり、そば打ちの腕もたしか

評判が高まるのは当然の結果か

47B4C4BA-B4C6-4840-B24B-EBABD302A73C.jpg

0BB93DF5-A06A-4EF8-A7E1-45F0403FAC6B.jpg

辛汁に合わせて設計されたとろみのある

“蕎麦湯”も素晴らしい風味でホッとする

〆て2,350円を飾らない素朴な接客の

お母さんにお支払いして退店


亀有に次来ても絶対ここの蕎麦食べに来よう

4FE056F0-E571-4BE7-9E49-EDC898AFA2CE.jpg

posted by のむさん at 11:20| Comment(0) | 北千住 ・ 綾瀬 ・ 金町 | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

壬生 @ 池袋

★★★☆☆

“肉そば”に卵を落とし、つけ汁に浸して食せば

江戸そばとは別物のジャンキーな味わい

ゴマと海苔とネギの風味がそばに絡み、

さらにつけ汁のラー油が効いて口あたり濃厚

一度食べてみたかったラー油そばの人気店

B2624629-CF33-443B-A9BB-594A7ED6C4B2.jpg


池袋ランチ

“なぜ蕎麦にラー油を入れるのか”と外観に

書かれたフレーズで知られるこちらのお店

ここの“ラー油そば”を一度食べてみたくて

池袋での乗り換えタイミングにやって来た

8A614BD9-D6A9-455A-A886-A7A66B7EDD10.jpg


ラー油の香りが漂うちょっと暑い店内

券売機で購入したのは、定番メニューの

<肉そば(中)・890>

麺量は小、中、大とすべて同額だ

AE7A7B74-AFB9-468F-AC97-B726D1ABC2F8.jpg


丼にそばが盛られ肉、ネギ、海苔、白ゴマが

上にまぶされてつけ汁と共に供される

コシが強いというか中太カタめのそばを

口に含んでみるとそば自体の風味は薄い

4CE944AB-C66A-426D-9942-C0E402A70313.jpg


ラー油が効いたつけ汁であとはいただく

“蕎麦はのどで味わう”というが、ラー油そばは

思いっきり口腔で味と刺激を感じる食べ物だ

1AC09715-6484-4C8C-84F1-FE9C3A184F6A.jpg


中盤からは、カウンターの生卵を落とし

そばに絡めて幾分まろやかにして食した

20D1CCDE-0072-4408-A4C7-36BD72C2CB21.jpg


そばを食べ切ったら寸胴で置かれたそば湯を

おたまで掬い、つけ汁を割る

91BB7189-90D0-4CF3-86F3-C92ED5C46523.jpg

それを飲みながら“ラー油そば”って

“蕎麦”よりも“つけめん”に近いカテゴリー

なんだななんて考えてランチを終えた

posted by のむさん at 08:02| Comment(0) | 池袋・巣鴨・駒込 | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

そば茶屋 侘助 @ 神保町

★★★☆☆

めんたい丼とそばのセットで昼の腹を満たす。

取り立てて絶賛する特長はないけれど

良くも悪くも普通に“町のそば屋”な空気の中

遅めのランチを気軽にいただいた。

ランチが遅めまでやってて助かるそば処。

A474D162-C7AF-4815-AFFD-69725DC37E51.jpg


神保町ランチ。

この界隈のチェーン店以外のそば店は、

案外ランチタイムは終わりが早い。

この日も2軒フラれ、3軒目訪れたこちらで

なんとかランチにありつけた。

0E21B3C6-9C67-45DF-BFD2-8B198D1BCA03.jpg


テーブル席だけが7つほど並ぶ店内に

先客は1人客が2人。3人目の客になって

奥の4人掛けのテーブル席についた。

C634EE45-E060-469E-B7DD-152CC2D2FCC9.png


注文は、いくつかあるセットメニューから

<ミニめんたい丼セット・900円>。

そばは冷or温、たぬきorきつねorもりから

選べるとのことで“もり”にした。

C02EAA4C-FC94-4D6B-9B0B-DA8CED3670EC.jpg


めんたい丼、もりそば共にまずくはないけど

普通に町のそば屋にある感じかな。

11184F7D-A941-4A2E-8112-4A3789BE8059.jpg

AB99A80D-21D7-43C9-92D4-10E15EE60177.jpg

61F6885B-90EF-4C8D-BA2F-0426B06C7E10.jpg


この日は暑くて冷そばな気分だったから

15時前くらいでもランチにありつけたのは

よかった。

F256D490-95EC-490C-9B9A-9056EC118253.jpg

632ACBF0-F989-42F9-AE3F-7CB8878CF19B.jpg

posted by のむさん at 06:49| Comment(0) | 神田・秋葉原・御茶ノ水 | 更新情報をチェックする