2017年07月26日

小諸そば 飯田橋店 @ 飯田橋

★★☆☆☆

小諸そばで食べるなら冷しをネギでいただく

そばの風味の薄いうどんそばではあるが、

コシがありツルツルとしたのどごしを

たっぷりのネギの風味でジャンクに楽しめる

サクッと食べるチェーンそば御三家の一角

72DECE6F-810E-4788-B5E4-BACA2348E87D.jpg


飯田橋ランチ

昼メシを食べるタイミングを逃し既に15時半

サクッと空腹を補おうと格安の“2枚もり”が

ウリのこちらのチェーン立食いそば店へ

立食いそばと書いたがこの店はイスがある

49B54AFD-A5D0-4CC4-80CC-325385376A2D.jpg


腹減りの自分が券売機で購入したのは、

<二枚冷したぬき・370円>

ちょうど茹でたてのそばを冷水で〆ていて

たっぷりのそばに甘汁がかけられ、天かすと

細切りの胡瓜、蒲鉾が添えられて供された

95733FF6-A13F-4135-81BB-A73B89A44919.jpg

富士そば、ゆで太郎に比べるとキレイな店内

食券と引き換えに冷やたぬきを受け取って

テーブル席に腰をおろした


甘汁の風味で食べるこちらのそばは、

温より冷の方がコシが楽しめて自分は好き

二枚もり(麺2倍)でうどんそばとはいえ

この値段はかなりがんばってると思う

E77BF57A-C267-4566-BB09-FC30A16269FC.jpg

テーブルには、ネギ、ワサビ、ゆず七味

いった薬味がセッティングされていて

お好みで使い放題。そばの風味も薄いから

たっぷり“ネギだく”で腹を満たした


ポットで置かれてる“そば湯”で

残った甘汁を割って飲んでみる

このそば湯に一番そばの風味を感じた

posted by のむさん at 16:52| Comment(0) | 水道橋・飯田橋・神楽坂 | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

玄蕎麦 野中 @ 中村橋

★★★★★

ジュワッとジューシーな“加茂なす”や“おくら”、

素材の風味がふくらむ“枝豆のかきあげ”など

旬の夏野菜の天ぷらとともに蕎麦を楽しむ

コシの強い夏の新蕎麦は爽やかな香りが漂う

レベルの高い蕎麦が食せる高い実力派の名店

C9B83CC5-CB4E-40DF-9103-342039E09CCF.jpg


中村橋で家族で夕食

そろそろ旬の“夏の新そば”が食べたいなと

家族で気に入ってるこちらのお店を訪問

土日は予約ができないので直接お店へ

2人待ち客があったがほどなく席へ通された

E2D9EF2D-9D47-46FC-9E64-ABC4EC5BF72E.jpg


空気が湯立つような大暑の前日、

<ビール(小瓶)・450円>を1本もらって

女房と注ぎあって喉を潤す

5300F492-8FE3-4298-9D26-9B12621006E2.jpg

51E8A972-D421-4C9D-8DE3-F2BB228486FD.jpg

ビールには“たこわさび”が添えられてきた


前回訪問時にいただいて味わいに感動した

1日限定10食の“蟻巣の田舎蕎麦”は

残念ながら品切れで、自分が注文したのは、

<夏野菜の天せいろ・1,650円>

97A4171D-E27E-4E96-882C-ECF251E3C9D0.jpg

541D70DF-7CA8-48D6-A4C7-FADF0A4A2E2A.jpg


天ぷらで供された夏野菜は、

加茂なす、かぼちゃ、おくら、ミョウガ、

谷中生姜、小玉ねぎ、枝豆のかきあげ

軽めの揚げ具合で旬の素材が活きてる

508A12C5-BE11-46BF-960C-4B1E2A888BD1.jpg


蕎麦の素材は、群馬産キタワセの“夏の新蕎麦”

前回の“蟻巣の田舎蕎麦”の舌触りや風味の

インパクトが強くてそれには敵わないのだが

夏の新蕎麦らしい若草のような

フレッシュなやさしい香りが心地いい

70D86C8B-3BC6-4526-8394-A7273D647E18.jpg


コシが強い食感や軽く噛んだ時の甘みも

申し分なく、やっぱり打ち手のレベルが高い

A52AF108-D7FC-4194-9DEC-751634D1257E.jpg


それでもやっぱりここでは蟻巣石の石臼で

挽いた“蟻巣の蕎麦”をいただきたいから

次は開店直後に狙いすまして訪問かな

8A5B5FC2-13E4-4C9B-A1D9-ABA1D69DA022.jpg

posted by のむさん at 08:05| Comment(0) | 練馬・江古田・田無 | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

いち川 @ 上野

★★★☆☆

プリ、モチっとした厚い皮の水ギョーザを

もらい、そば前の黒ラベルをグラスに注ぐ。

ネギポン酢のサッパリ水ギョーザの後は、

盛りのいい“もりそば”で〆。

ちょい飲みにも気軽に使える町の蕎麦屋。

6543EBEB-178E-4614-B855-A0966B56F887.jpg


上野で蕎麦呑み。

この界隈の飲食店に詳しい呑み仲間の

レビューを読んでチェックしていた

蕎麦屋で軽く一杯呑ることにした。

59A853D1-8F68-4016-A4A6-9446FA8211EF.jpg


<瓶ビール(大瓶)・600円>をそば前に。

銘柄はキリンラガーとサッポロ黒ラベルから

選ぶので黒ラベルでお願いした。

52324DA4-B251-4660-A7D0-BBAB186D58A1.jpg


<つきだし・150円>に供されたのは、

“ほうれん草のおひたし 豚の冷しゃぶのせ”。

ポン酢でサッパリと仕上げられている。

F172AA42-7AC1-44FC-9782-93EFFB8F3D96.jpg


メニューを一通り眺め、アテに選んだのは、

<水ギョーザねきポン酢・500円>。

5A26E524-FFE4-4879-8B98-A808BD86741A.jpg

407E46D2-90B9-4260-A53B-9B8D5DC64D5C.jpg

つきだしとポン酢味で被らせてしまった。

厚皮の水ギョーザが6個とひとり呑みには

ボリュームある。


400500円位から一品料理が用意されて

いているのは、ちょい飲みにもいいね。

B5ACB31B-C434-47F2-827F-6976BB16C26F.jpg


〆にもらったのは、<もりそば・550円>。

コシ、喉越し、風味とも普通ではあるが、

盛りがよくて蕎麦呑みにはお手頃な価格だ。

ねりわさびを添えてズズッと腹を満たした。

1E310917-0054-4DB6-A81A-34787EDBD93C.jpg

019DECE1-4AAE-4595-BDCE-4FB6319CAEAC.jpg


〆て1,800円。

ビール大瓶にアテ1品、そばでこのお支払いは

納得度高いね。また利用しよう。

67F1D25B-F18A-4E24-9EDD-4A895DE2B277.jpg

posted by のむさん at 12:36| Comment(0) | 上野・浅草・日暮里 | 更新情報をチェックする