2017年06月25日

藤九郎屋 @ 神楽坂

★★★★☆

瑞々しく喉越しのいい手打ちのそばに

サックサクッ食感に揚がった衣がいい

7種類の野菜天ぷらがついて800円の

ランチ限定メニューはとってもコスパ高し。

和モダンな店内で食を愉しむそば割烹。

A7B4C2B0-8E40-43CB-BFED-0BD3EB4A48DA.jpg


神楽坂でそばランチ。

昼飯処を探しながら神楽坂上あたりを散策。

路地にひっそりと、それでいて洒落た

雰囲気で佇むそば店を見つけて訪問。

41AED6A3-EDEB-401B-A8F7-3CF0B3CA19EA.jpg


入店したところに8席のL字カウンターがあり

店主に指定された席に腰をおろす。

何人も予約客が奥へ入っていくから

奥にもテーブル席などがあるのだろう。

9537FF9C-90BD-4683-BFBF-282846D81675.png


“ランチ限定サービス”のメニューから

<野菜天ぷら蕎麦・800円>を注文。

93643BAA-C187-4D1E-988F-DD6BD8429EB8.jpg


プチプチと天ぷらを揚げる音が厨房から

漏れてきてしばらく、揚げたての野菜天に

白い皿に敷かれた簀に盛られた

細打ちのそばが添えられて供された。

8BCE0DA6-3D48-4D1D-B1B8-4C9427D9DA87.jpg


キタワセ種かな?香りはそれほど強くないが 

コシがあり、瑞々しく喉越しがいい。

鰹だしが効いた辛汁はかなり好みだ。

2F1594E9-27A5-47B4-974E-534892EF8DE7.jpg

188274A3-3AC5-4C68-A386-218AADB79751.jpg

ただ切れ端が多くて少し食べにくいかな。


野菜天ぷらは、赤ピーマン、レンコン、大葉、

カボチャ、タマネギ、エリンギ、エノキ。

サクッと揚がった衣の食感も風味もよく

各々の素材の味もいい。おいしいなぁ。

EF0B7D2A-4388-47BD-870F-FFAF69DC4D16.jpg


カウンターに置かれたポットのそば湯は、

熱っつ熱。辛汁を薄めて冷ましながら

ホッコリといただいた。

ED5499FF-035E-4B41-A15D-F26AFF74630E.jpg


夜は値段が張りそうだけど、

ランチは超コスパいいから

時間が取れる時に再訪したい。

63CF5252-9AE8-471B-B004-9379DDEBCB64.jpg


posted by のむさん at 09:48| Comment(0) | 水道橋・飯田橋・神楽坂 | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

浅野屋 神楽坂店 @ 神楽坂

★★★☆☆

海苔の風味を纏ったコシのあるそばを

本節の出汁が効いた辛汁で味わい、

旨み豊かなネギトロがたっぷりのった

ネギトロ丼でおいしく腹を満たす。

ランチのセットがコスパいい洒落たそば店。

5185F9C1-C30B-4452-9277-64554EF880D5.jpg


神楽坂ランチ。

神楽坂上の交差点から神楽坂駅に向かい

一本目の路地を右へ。その右手にあるのが

池袋に本店を構えるこちらのそば店。

08C26BDC-1B01-49AC-82DC-517FD4F2AC45.jpg

4BDD41F3-2E4F-4116-BAC6-E2E9B3DBC31E.png

CDJAZZが流れる店内はバーの雰囲気。


ミニざる蕎麦が付くランチメニューから

<ねぎとろ丼セット・1,000円(税別)>。

そばの他に小鉢、汁物、香の物が付く。

内容的に1,000円ならお得感あるね。

5D86E1F4-C074-4762-A519-7C5C01B035D2.jpg

7198C3A9-F878-486B-9D09-969890C6A2D7.jpg

この日の汁物は、“豆腐と野菜のみそ汁”。

小鉢は、春らしく“菜の花のおひたし”だった。


北海道産のオーガニック素材にこだわる

水切り具合のいいそばは、コシが強く

歯を押し返す弾力がある。

香りは、やさしく控えめな印象で

刻み海苔の風味の方が立っている。

16E0B600-1716-4DB0-8BF0-858F23D7B678.jpg


普段あまり“ざる”はたのまず、

“もり”派なので、どうも蕎麦と海苔の

風味の掛け合わせに慣れない。

322FFF08-84E2-4899-8561-2918BF7C47D1.jpg

一方で鰹出汁の風味がいい辛汁は好みだった。


素材のいい中落ちが白米にたっぷり盛られ、

その上に白ネギが置かれた“ネギトロ丼”は、

旨みたっぷり。山葵と大葉の風味もいい。

このランチのセットはコスパいいなぁ。

3C05941B-C370-4EB1-A4D9-78015AB0C746.jpg


夜は高めのコースとは別に一品料理もあって

ちょっぴりラグジュアリーにそば前とそばを

愉しみに来るのもいいかもね。

F73E4520-2A8C-4FC2-9CE2-FEF0B950466D.jpg

posted by のむさん at 14:08| Comment(0) | 水道橋・飯田橋・神楽坂 | 更新情報をチェックする

もりいろ @ 大森町

★★★★★

“二種もり”で供された産地は、北海道と栃木

個性は違えどどちらも豊かな風味が秀逸

そば前は、濃く深いテイストの“焼きみそ”を

ツマミに大好きな銘柄“東一”を楽しんだ

研ぎ澄まされたセンスが活きてる蕎麦処

22A28986-2425-47BA-970C-EB0391444845.jpg


大森町で蕎麦ランチ

諸用で川崎まで行く機会があったので

ずっと訪問したかったこちらへ足を向けた

駅の西口からすぐの立地に凛と店は立ち

それほど広くない店内にも清潔感がある

1E702E17-C8E2-4045-AE7F-C1A6BD891F6D.jpg

0671DBF5-2175-4065-92A5-9F5A574BAE4F.jpg


日曜はランチメニューはないらしいので

<二種もり・1,200円>を〆に決めて

そば前に<東一 山田錦純米酒・750円>と

アテに<焼きみそ・500円>をお願いする

2CF6B24D-1816-4457-B65D-D0BB71BCACE5.jpg


佐賀の銘酒“東一”は大好きな銘柄だが

ちょっと久しぶりに口にする

フルーティな香り、コクのある旨みが

モタモタせずにキレていく。いい酒だなぁ

B106C68B-34C2-426C-8778-F82C99B0E05E.jpg


揚げた蕎麦の実とネギが一緒に陶板焼きに

焼かれた“焼きみそ”はアツアツ

濃密な甘みのある風味が絶品

85D9D5CC-3CBF-42AC-A83D-988134851749.jpg

E94BA628-5DF5-43D5-BCC0-53E536F8DC63.jpg

少しつまんで舌で味わい、東一を含んで流す

日本酒とのマッチングはこの上ない


「そろそろお蕎麦をお出ししますか?」と

アイドル顔の店員さんに訊かれお願いする

DCBFF02C-D278-4BC8-9AB4-E04442159FDD.jpg


1枚目は、北海道倶知安(くっちゃん)産

コシの強い細打ちの蕎麦はを口に含めば

蕎麦の香りが豊かに鼻に抜ける

まろやかな穀物の甘みも心地いいし、

ザラッとした感じの喉ごしも好き

9FD21B0C-783D-49E5-BB97-86B31023D543.jpg

F2FDDDB8-1252-4156-8E27-D2E7BB41C1B2.jpg


2枚目は、栃木県益子産

粗挽きで太打ち目の蕎麦に鼻を近づければ

蕎麦の香りが立っている。口に運んでみると

1枚目よりもなお一層風味豊か

EF5DD78B-BEC3-43B3-BBBB-B6673CA2B2CA.jpg

4C4ECED1-BDC7-4939-9567-83D8ECF0A40B.jpg


丁寧につくられた薬味や濃口の辛汁で

食すのもいいが、お願いしてもらった粗塩が

蕎麦の甘みをより引き立てる

47FA3B08-1D3E-41AD-B8B1-6F1A8D949D2C.jpg

048C9FF4-29DE-457C-914C-EFFB2E16E654.jpg

E138F835-2E95-433B-BF99-A7490C93F247.jpg

09E12829-E7CD-4B7F-9648-C0A1BB79DFE5.jpg


期待以上の蕎麦を食べさせてもらった

もっと近くにあればいいのに

C6853559-0629-4D62-88C0-63EB6122B116.jpg

5E805264-A7DF-4C35-B912-7A3C737394B4.jpg

1B036107-D4F2-480E-A6D1-73059FAE3D5D.jpg

posted by のむさん at 08:37| Comment(0) | 大井町・大森・蒲田 | 更新情報をチェックする